「 健康 」一覧

健康の悩みに関する記事です

「スマホがそこにあるだけ」で無意識のうちに脳のパワーが消費されることが判明

「スマホがそこにあるだけ」で無意識のうちに脳のパワーが消費されることが判明

1: お悩みさん スマートフォンを触らず机の隅に放っておいただけでもメールやSNSの通知が次々と飛び込んできて仕事や勉強...

記事を読む

自閉症を改善させる方法

自閉症を改善させる方法

1: お悩みさん 発達期のセロトニンが自閉症に重要 -脳内セロトニンを回復させることで症状が改善- 自閉症...

記事を読む

痛風ってどれくらい痛い?酒に強いタイプの遺伝子を持つ人、痛風リスク2倍

痛風ってどれくらい痛い?酒に強いタイプの遺伝子を持つ人、痛風リスク2倍

1: お悩みさん 酒に強い人、飲酒とは関わりなく痛風リスク2倍 防衛医大などが発表 酒に強いタイプの遺伝子を持つ人...

記事を読む

オールしてしまったんだが一瞬で眠気覚める方法ってある?

オールしてしまったんだが一瞬で眠気覚める方法ってある?

1: お悩みさん 勉強してて気がついたら3時。寝るかと布団に入ったがYouTubeみてて気づいたら外が明るい…今日学校終わったあ...

記事を読む

大気汚染物質が留まりやすく、肌荒れ起きやすい都道府県

大気汚染物質が留まりやすく、肌荒れ起きやすい都道府県

 ポーラ・オルビスホールディングス傘下のポーラ(東京・品川)と日本気象協会(東京・豊島)は20日、夏の肌荒れを起こす原因となるPM2.5などの大気汚染物質が留まりやすい地域を発見したと発表した。  夏は皮脂や汗が多いため、大気汚染物質が肌に付着しやすくなる。他の季節に比べて付着量は約3.7倍高くなるという。大気汚染物質が肌に付着すると炎症が起こりやすくなり、シミやシワの原因につながるとされる。

記事を読む

長寿大国のはずの日本よりアメリカの方が「百寿者」が多い理由

長寿大国のはずの日本よりアメリカの方が「百寿者」が多い理由

日本が長寿に関しては世界第1位であることは疑いようがない。 この種のランキングには常に落とし穴も隠されている。それは平均値の恐ろしさということでもある。100歳を超えても元気な高齢者がいる一方で、40代、50代で過労死やストレス死に襲われる日本人も増えている 100歳以上の高齢者に限れば、なんとアメリカのほうが日本より長寿大国というわけだ。  アメリカといえばファーストフードの普及がすさまじく、脂肪分の取りすぎで肥満や糖尿病に苦しむ人々が多い。 ところが、意外にも人口比で見れば日本より100歳以上の高齢者がはるかに多いのはなぜだろうか。

記事を読む

「インパルス」の堤下敦さんが起こした事件を元に、どんな薬を飲んだら運転してはいけないのか、弁護士に聞いてみた

「インパルス」の堤下敦さんが起こした事件を元に、どんな薬を飲んだら運転してはいけないのか、弁護士に聞いてみた

堤下さんが会見で語ったところによると、運転前に睡眠導入剤とアレルギー薬を服用していたという。 睡眠薬を飲んで運転するのは危険だが、そもそもどのような薬を飲んだら運転してはいけないのか、「正常な運転ができない状態」とはどのような状態のことをいうのか。 中川龍也弁護士に聞いた。

記事を読む

【緊急】スズメバチっぽいハチに刺されたんだがどうすればいい?

【緊急】スズメバチっぽいハチに刺されたんだがどうすればいい?

1: お悩みさん スズメバチっぽいけどスズメバチよりは小さいかも 32: お悩みさん >>1の...

記事を読む

2017年度の「蚊」対策をまとめてみた

2017年度の「蚊」対策をまとめてみた

3: お悩みさん 蚊を引き寄せない・棲み家にしない ・他所より湿度を高くしない、睡蓮鉢や池のあるビオトーブなどはもっての外 ...

記事を読む

急増する「カフェイン中毒」での死亡数、その原因は?

急増する「カフェイン中毒」での死亡数、その原因は?

カフェインは興奮作用があり、短時間に大量摂取すると吐き気、心拍数の増加、興奮などの中毒症状が現れる。個人差が大きいが、成人では1グラム以上で症状が出る可能性が指摘されている。深夜勤務に就いていた九州の20代男性が、エナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲み過ぎて死亡する事故が15年に報告された。 調査した埼玉医科大の上條吉人教授は「激しい嘔吐(おうと)や動悸(どうき)で非常に苦しむ症例が多い。 自●目的の過量服用もあるが、眠気覚ましのために乱用しているケースもある」と指摘する。

記事を読む

スポンサーリンク