「 健康 」一覧

ヘビースモーカーでも長生きの人がいる理由

ヘビースモーカーでも長生きの人がいる理由

受動喫煙対策が話題ですが、肺がんとたばこの関係を解説する際、よく出るのが「私のおじいさんはヘビースモーカーだったけど、長生きした」などのエピソードです。 病気の原因を単純化すると、体質などの「遺伝要因」と生活環境などの「環境要因」に分けて考えることができます。 喫煙などの環境要因に強い遺伝要因を持っている人は、喫煙者で環境要因があるにもかかわらず肺がんにならない場合があります。 逆に、非喫煙者で環境要因がない人でも遺伝要因のために肺がんになることもあります。 このようにして「疫学データと個人の運命との差」が生じてくるのです。

記事を読む

登山で心筋梗塞などの心臓病死が多発 !原因と対策は?

登山で心筋梗塞などの心臓病死が多発 !原因と対策は?

心臓病は、登山中の遭難死の原因で外傷、低体温症に次いで多い。心臓病発症の日時がわかる56人を分析すると、約8割の44人が初日の登山開始から6時間以内に起きていた。 気温や高所、運動に体が慣れない状態で歩き始めると、心臓への負担が大きくなるためとみられる。 大城医師は「初日は距離や速度を半分にする程度がちょうどよい。水分をしっかり取って脱水を防ぐことも重要だ」と話している。

記事を読む

【長時間労働】過労死ラインを大幅に下回っていても起こる過労死、その原因とは・・・

【長時間労働】過労死ラインを大幅に下回っていても起こる過労死、その原因とは・・・

システムに残る男性の出退勤記録を調べても、残業時間は月80時間の「過労死ライン」を大幅に下回っていた。それでも、労災が認められたのはなぜか。嶋崎氏は「毎月、記録に残らないサービス残業をかなりしていたからだ」と話す。

記事を読む

東京・八王子の食中毒事件 原因は「カンピロバクター」その症状は?

東京・八王子の食中毒事件 原因は「カンピロバクター」その症状は?

1: お悩みさん フジテレビ系(FNN) 6/9(金) 23:41配信 東京・八王子市の居酒屋で、鳥刺しなどの料理を食べた...

記事を読む

適度な飲酒でも脳に悪影響があることが判明!

適度な飲酒でも脳に悪影響があることが判明!

「節度ある」飲酒も脳に悪い? 流ちょうさに影響も節度ある適度な飲酒であっても、脳の損傷や知的技能のわずかな低下につながるとの研究論文が7日、発表された。1週間に14~21杯の飲酒を数十年にわたり続けた男女は一切飲酒をしない人と比べて、海馬が萎縮する可能性が2~3倍高まるという。海馬は記憶や自らの位置の把握などをつかさどる脳領域。

記事を読む

自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか?医療関係者に聞いてみた

自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか?医療関係者に聞いてみた

自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか――。 そんな質問に対し、医師と薬剤師の4人に1人が消極的という調査結果を、大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長がまとめた。 理由として「根治しない」「時間が無駄」「延命を望まない」「副作用がつらい」ことを挙げた。

記事を読む

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本の生産性が他の先進国と比較して圧倒的に低いというのは、この数年いたるところで言われている。 「ODCE加盟諸国の時間当たり労働生産性2015年」によると日本は20位となっていた。では、トップ5を見てみると、ルクセンブルグ、アイルランド、ノルウェー、ベルギー、米国という順番なのだが、実はこれらの国にはある共通点がある。  日本と比較して圧倒的に喫煙率が低いのだ。

記事を読む

メンタルを強くする方法 それは「認知」の仕方を修正する事

メンタルを強くする方法 それは「認知」の仕方を修正する事

ストレスに感じる人と感じない人の大きな違いとは? 一緒に上司に怒られた同僚はすぐに立ち直って生き生き働いているのに、自分はそれがストレスで夜もぐっすり眠れないし、会社に行くのもつらい……。 この違いは、一言で言うと「認知」の仕方の違いです。ちょっとした心がけでその「認知」は修正することができます。

記事を読む

タバコを吸い続けるといくら位の損失になるのか?リスクはお金だけではない

タバコを吸い続けるといくら位の損失になるのか?リスクはお金だけではない

たばこを1日1箱吸った場合は65歳までにどれだけの損失になるのか、その額を運用すれば、65歳にどれだけの資金がプールされるかを検証したものです。メビウスで1年間に約15万円です。65歳までに約700万使います。どのような生活が健全なのか、そのうえでどうお金をコントロールしていくかを考えるのが大切だと思います。

記事を読む

鬱病の多くは遺伝であることが判明 DNAバンクで発見

鬱病の多くは遺伝であることが判明 DNAバンクで発見

ハーバード大学のロイ・パーリス氏は次のように述べている。 「我われはこの結果が、うつ病は単なる状態ではなく生物学的根を持つ本当の脳の病気なのだということを、研究者が理解する助けになることを期待している」 パーリス氏とチームは、うつ病は多くの点で遺伝的に規定されており、生活の質や彼の物質的な豊かさと精神的な安定だけによるものではないと示した。

記事を読む

スポンサーリンク