「 健康 」一覧

診断率わずか8.1% 鬱傾向がある人が精神科に行かない理由

診断率わずか8.1% 鬱傾向がある人が精神科に行かない理由

うつ傾向がある人のうち、「うつ病/うつ状態」の診断・治療を受けていない人が91.9%と大多数を占めた。「現在、 医療機関で診断されている」と回答した人は、わずか8.1%だった。

記事を読む

【ボツリヌス菌】コーンチップス「ナチョス」を食べ1人死亡

【ボツリヌス菌】コーンチップス「ナチョス」を食べ1人死亡

報道によれば、チップスには急性の食中毒を起こすバクテリアと体内組織に中毒症状を起こさせ、中枢神経系を麻痺させるボツリヌス菌が混入されていた模様。 死亡したのは37歳の男性。そのほかの患者たちは地元の病院で必要な医療行為を受けている。

記事を読む

日本人は体調管理を軽視している 仕事で高い成果を挙げるためには

日本人は体調管理を軽視している 仕事で高い成果を挙げるためには

彼らは健康マネジメントにかなり気を使っており、   ジムに通ったり、サプリメントや漢方茶を飲む習慣をつけたりしていたのです。   「仕事で高い成果を挙げるためには、体調が万全であることが第一」という考えだったのです。

記事を読む

フジモン(藤本敏史)に突然死のリスク 動脈硬化を起こした原因は?

フジモン(藤本敏史)に突然死のリスク 動脈硬化を起こした原因は?

人間ドックで左冠動脈の付け根に動脈硬化がある、と診断されたフジモン。悪玉コレステロールの数値も217と基準値(70~139)を大幅に上回っていた。冠動脈は心臓に酸素や栄養を送る血管。ここが詰まると突然死のリスクがある。

記事を読む

大人のADHD診断ツール「DSM-5版ASRS」が便利

大人のADHD診断ツール「DSM-5版ASRS」が便利

DSM-5の基準に合う簡便なスクリーニングツールとして、質問項目を6項目に絞った「DSM-5版ASRS」を作成。その正確性を確認したところ、大人のADHD患者を正確に拾い上げることが可能だったという。

記事を読む

肺腺がんの原因は「軽いたばこ」だった

肺腺がんの原因は「軽いたばこ」だった

「軽いたばこ」が、実はここ数十年で肺腺がんが増加している要因になっていたと、米大学の研究グループが22日付の医学誌に掲載した論文で明らかにした。論文では「このような(軽い)たばこは、実際はより多くの害を及ぼす」と指摘。

記事を読む

日本は「たばこ政策後進国」受動喫煙のリスクとは

日本は「たばこ政策後進国」受動喫煙のリスクとは

肺がんのリスクは30%、脳卒中のリスクも30%上昇します。飲食店での受動喫煙ではありませんが、子どもにも影響があり、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクは4.7倍にもなります。受動喫煙による死亡者数は、年間1万5000人程度と同センターは推計しています。

記事を読む

リラックス効果があるという「おとなまき」という健康法がヤバイ

リラックス効果があるという「おとなまき」という健康法がヤバイ

この大人のおくるみセラピーは、赤ちゃんが生まれた時に布にくるまれる状態を真似たもので、京都の助産婦が考案した。 東京で最近開かれた講習会に参加した5人のお母さんたちは、仰向けに寝て膝を胸にかかえた状態で白い布にくるまれる。スタッフがゆらすのを手伝ってくれる。ある参加者は「身体が温かく感じてきた。体験したことのない感覚で表現が難しい」と話した。

記事を読む

光化学スモッグに注意!対策は室内待機。

光化学スモッグに注意!対策は室内待機。

 日本列島は20日、広く高気圧に覆われて晴れ、各地で気温がぐんぐん上昇、鳥取市や富山市などで午前中から気温30度以上の真夏日となった。 気象庁の観測によると、20日午前の各地の最高気温は、鳥取市31・5度、富山市30・9度、北海道足寄町と埼玉県秩父市30・1度、岩手県釜石市29・9度など。東京都心は27・3度、大阪市は26・9度。 関東甲信や近畿では夕方にかけ、光化学スモッグが発生しやすい気象状態となる見込み。気象庁は熱中症や、屋外での活動に注意するよう呼び掛けた。

記事を読む

銀歯はアレルギーを起こす確率が高い事が判明!100人中20名~30人!さらなるデメリットも・・・

銀歯はアレルギーを起こす確率が高い事が判明!100人中20名~30人!さらなるデメリットも・・・

銀歯に含まれているパラジウムという物質はアレルギーを引き起こしやすく、パラジウムに対してアレルギー反応を持つ方は100名中20名~30名ほどいると言われています。

記事を読む

スポンサーリンク