「 健康 」一覧

食べると死んでしまう唐辛子「Dragon’s Breath chile」(ドラゴンの息)がヤバイ

食べると死んでしまう唐辛子「Dragon’s Breath chile」(ドラゴンの息)がヤバイ

「世界一辛い」とギネス世界記録に認定されているトウガラシ「キャロライナ・リーパー」を越える辛さのトウガラシが登場しました。 「Dragon's Breath chile」と名付けられたトウガラシを食べた人は気道が焼かれて閉じてしまい、アナフィラキシーショックのような症状が起きて死に至る可能性があるとのこと。 新たに世界一の辛さを記録したトウガラシは「Dragon's Breath chile」という品種で、「ドラゴンの息」という言葉を名に冠します。

記事を読む

日本人が「過労死ライン」を超えても働き続ける理由は?

日本人が「過労死ライン」を超えても働き続ける理由は?

・自分では死ぬと思ってなかったけど身体は限界を超えていて死ぬケース ・自分でももう限界だと思ってるけど精神がやられてて辞めるという選択肢が思いつかなくて死ぬケース ・自分でももう限界だと思ってて辞める選択肢もあるとわかっているけど ここを辞めるようでは社会のどこでも自分は通用しないからやめても意味ないと思い込むケース

記事を読む

アーモンド等のナッツ類にはガン予防の効果があることが判明!量は1日7粒程度を目安に

アーモンド等のナッツ類にはガン予防の効果があることが判明!量は1日7粒程度を目安に

米国の研究チームが、週に57グラム以上のナッツを食べた結腸ガン経験者の再発率とガンによる死亡率が、食べなかった人よりはるかに低いとの研究結果を発表した。この量は、アーモンドなら48粒、カシューナッツなら36粒の量となる。ナッツには、マメ科のピーナツとピーナツバターは含まれない。

記事を読む

最近流行りの「シュンケル」とは?仕組みと効果についてまとめてみた

最近流行りの「シュンケル」とは?仕組みと効果についてまとめてみた

シュンケルって何という質問が あったりするので説明させてもらうと シュークリーム+ユンケルの事ですね(*´ω`*) 上記の2品を普通に食べながら飲んでもらうと疲れが取れます(実証済み) 効果時間は3~6時間ほどです(*・ω・)*_ _)

記事を読む

中村獅童が患っているという肺腺癌についてまとめてみた。原因はタバコではない

中村獅童が患っているという肺腺癌についてまとめてみた。原因はタバコではない

肺腺がんは肺がんの中でも「非小細胞肺がん」の一種で、喫煙との因果関係が薄いという特徴があります。 肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めていると言われているがんのタイプで、日本において最も発生頻度が高いものとなっています。

記事を読む

mtcオイルダイエットのやり方とサプリの飲み方をまとめてみた

mtcオイルダイエットのやり方とサプリの飲み方をまとめてみた

中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の略。MCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイル。 医師 畠山昌樹 ★ 今回チャレンジしたMCTオイルダイエット詳細 〈最初の1週目〉 ※体をオイルに慣れさせる期間 1日1,200キロカロリー(オイルのカロリー含む)を目指す。

記事を読む

若い女性に多いという「ロコモティブ・シンドローム」(運動器症候群)原因は運動不足

若い女性に多いという「ロコモティブ・シンドローム」(運動器症候群)原因は運動不足

「ロコモ」とは、ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)の略で、関節や筋肉が弱くなり、「座る」「立つ」「歩く」などの日常的に必要な動作ができなくなってしまう状態だ。 ロコモの主な症状は、「歩くとすぐに疲れる」「階段が登りにくい」「つまずきやすい、転びやすい」「椅子から立ち上がりにくい」「重いものを持つとすぐに疲れる」といったものがある。 この原因としては、「筋力の低下」「バランス能力の低下」「骨、関節、筋肉の病気」「使わないことによる身体機能の衰え」などが挙げられる。

記事を読む

イヌサフランとギョウジャニンニクを誤食して死亡した事件を元に見分け方と対策をまとめてみた

イヌサフランとギョウジャニンニクを誤食して死亡した事件を元に見分け方と対策をまとめてみた

66: お悩みさん >>51 見分け方は根っこ? 70: お悩みさん >>66 臭いがぶっちぎりで違う。間違えたら鼻が無いんじゃねーかってレベル。

記事を読む

ナイナイの矢部浩之が患っているという手足口病についてまとめてみた

ナイナイの矢部浩之が患っているという手足口病についてまとめてみた

手足口病は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生する英語病名の直訳に由来する。乳児や幼児によく見られる疾患であるが、成人にも見られる。乳児ではまれに死亡することがある。夏季を中心に流行し、汗疹と間違えられやすい。

記事を読む

【2017年】エボラ出血熱の再来?コンゴで感染確認!感染源はサルやコウモリか

【2017年】エボラ出血熱の再来?コンゴで感染確認!感染源はサルやコウモリか

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever[† 1][† 2]; EHF)、またはエボラウイルス病(エボラウイルスびょう、英: Ebola virus disease[† 3]; EVD)[† 4]は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。ラッサ熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイルス性出血熱の一つ。ヒトにも感染し、発症後致死率50-80%とされる。また、仮に救命できたとしても重篤な後遺症を残すことがある、リスクグループレベル4ウイルスの1つである[1]。

記事を読む

スポンサーリンク