「 仕事・人間関係 」一覧

「転職人気企業ランキング」1位はトヨタ、その理由は?

「転職人気企業ランキング」1位はトヨタ、その理由は?

転職人気企業ランキングというものも、実際に存在する。転職人気ランキング1位のトヨタ自動車は、2017年3月期の売上高が27兆5971億円、営業利益1兆9943億円で、売上高、営業利益とも日本最大。自動車販売台数は世界トップクラスだ。ハイブリッド車や燃料電池車を開発、実用化するなど、世界最先端の技術を有する。 また、働き方改革にも力を入れており、2016年8月にほぼすべての総合職に対して在宅勤務を導入、大きな話題となった。ビジネスパーソンからはこうしたことが評価されているが、学生からの人気はそれほど高くなく、57位に甘んじている。トヨタ自動車の就職人気ランキング57位という順位は、学生の企業研究不足を象徴しているのかもしれない。

記事を読む

【長時間労働】過労死ラインを大幅に下回っていても起こる過労死、その原因とは・・・

【長時間労働】過労死ラインを大幅に下回っていても起こる過労死、その原因とは・・・

システムに残る男性の出退勤記録を調べても、残業時間は月80時間の「過労死ライン」を大幅に下回っていた。それでも、労災が認められたのはなぜか。嶋崎氏は「毎月、記録に残らないサービス残業をかなりしていたからだ」と話す。

記事を読む

【恋愛の悩み】仕事人間の落とし方教えて下さい

【恋愛の悩み】仕事人間の落とし方教えて下さい

1: お悩みさん 職場の先輩に恋してるんだけど、仕事人間ってどうやって落とせばいいの? 職場内、取引先の人からは電話番号とかラ...

記事を読む

大企業の36%は不合格者に連絡していない「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ

大企業の36%は不合格者に連絡していない「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ

選考の後、不合格の連絡をよこさない、「サイレントお祈り」企業への就活生の不満はかなり大きい就活生の間では不合格通知を「お祈りメール」と呼んでいる。選考に落ちた就活生への通知メールの最後に、「今後のご健闘をお祈り申し上げます」という言葉を添えるところから命名された。就活生1人あたり4.8回のサイレントお祈りを経験し、5人に1人は10回以上のサイレントお祈りを経験しているという。

記事を読む

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本の生産性が他の先進国と比較して圧倒的に低いというのは、この数年いたるところで言われている。 「ODCE加盟諸国の時間当たり労働生産性2015年」によると日本は20位となっていた。では、トップ5を見てみると、ルクセンブルグ、アイルランド、ノルウェー、ベルギー、米国という順番なのだが、実はこれらの国にはある共通点がある。  日本と比較して圧倒的に喫煙率が低いのだ。

記事を読む

部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司「クラッシャー上司」の実態

部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司「クラッシャー上司」の実態

 心身にダメージを受けて休職する部下が続出。それも、会社が投入したエース級のできる社員が次々つぶされていく……。あなたの会社に、そんな部署はないだろうか? それは、「クラッシャー上司」のせいかもしれない。クラッシャー上司とは、部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司。エリートで仕事はでき、業績をきっちりあげるが、心身共につぶれた部下のことを思いやることはない。それどころか「もうちょっとできるやつだと思っていたが」と吐き捨てるほどだ。

記事を読む

【長時間労働】日本の若者が「karoshi」するまで働く理由

【長時間労働】日本の若者が「karoshi」するまで働く理由

日本人の労働時間の長さは世界でもトップクラスだ。若者たちの中には、文字通り死ぬまで働く者もいる。そこで政府に対し、対策の強化を求める声が上がっている。和哉さんは薬の飲み過ぎで亡くなった。27歳だった。日本で働きすぎによる死を意味する「karoshi」、過労死だと正式に認定された 「やりきれないのは、若者たちがほかに選択肢はないと感じていること」だと、岩瀬さんは指摘する。「そのまま辞めなかったら100時間残業を強いられる。一方で辞めれば生活できなくなってしまう」

記事を読む

長時間労働が原因で恋愛に支障を来した人が7割以上、働き方改革には期待できない

長時間労働が原因で恋愛に支障を来した人が7割以上、働き方改革には期待できない

残業が交際に影響を与えたかを聞いたところ、問題が生じた人は有効回答者のうち72・1%に上った。具体的な内容では(複数回答可)、「一緒に過ごす時間が減った」が38・2%、「相手に迷惑を掛け、我慢させた」が37・7%、「けんかになった」が12・7%だった。既婚者の69・8%も「結婚生活に悪影響があった」と答えた。 政府が進める働き方改革に対しては「期待できない」が32・7%、「難しい」が14・1%と否定的意見が半数近くを占めた。「期待している」は10%にとどまり、ワークライフバランス実現の難しさや期待の低さを示した。

記事を読む

堀江貴文(ホリエモン)「電話は最悪のツールであり、百害あって一利ない」

堀江貴文(ホリエモン)「電話は最悪のツールであり、百害あって一利ない」

「自分の時間」を奪う最たるもの。それは「電話」だ。 僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。 電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。1日の時間を楽しみきるためには、自分が今、「自分の時間」を生きているのか「他人の時間」を生きているのか、ということに敏感にならないといけない。

記事を読む

働きたいときに会社に来ればいい「フリースケジュール制」企業とは?

働きたいときに会社に来ればいい「フリースケジュール制」企業とは?

武藤北斗工場長は、「震災でたくさんの人が亡くなるのを見た。働く人の生活を充実させるような働き方や、気持ちよく働くことを考えた結果、フリースケジュール制にたどり着いた」と言う。実に型破りな制度だが、これで仕事が回るのだろうか。

記事を読む

スポンサーリンク