「 お金 」一覧

お金の悩み関連の記事です

3人に1人が貯蓄0「貧困化ニッポン」の実態

3人に1人が貯蓄0「貧困化ニッポン」の実態

1: お悩みさん 日本の家計に異変が起こっている。手取り額は過去20年間で月7万円近く減少し、エンゲル係数も29年ぶりの...

記事を読む

金持ちにありがちなこと

金持ちにありがちなこと

1: お悩みさん 金持ちにありがちなことを挙げていくスレです! 3: お悩みさん すべてにおいて余裕がある...

記事を読む

会社の飲み会で「気持ちよく払える金額」はいくらまで?

会社の飲み会で「気持ちよく払える金額」はいくらまで?

ジリジリと気温が上がり、ビールの美味しい季節がやってきた。今夏も、数多くの飲み会があちらこちらで開催されることだろう。ところで、1回の飲み会で気持ちよく払える金額はいくらだろうか。マイナビニュースにアンケートを実施してみたので、その結果を紹介しよう。 まず、会社の同僚と数名と飲み会を開く際に、「気持ちよく払える金額」はいくらか聞いた。結果は、

記事を読む

20代の平均貯金額は「184万円」中央値はなんと「0円」だということが判明

20代の平均貯金額は「184万円」中央値はなんと「0円」だということが判明

日本人の平均貯蓄高は1820万円と発表されましたが、60歳以上の世帯が平均を押し上げており、若い世代には実感がありません。今回は、将来への大きな武器となる「投資」について解説します。  それもそのはず、このデータはあくまで国民全体です。実は、60歳以上の世帯が平均を大きく押し上げていたため、20代から40代にとっては「そんなにあるの?」といまいちピンとこなかったのも当然です。

記事を読む

【節税】グーグルも使う「タックスヘイブン(租税回避地)」とは

【節税】グーグルも使う「タックスヘイブン(租税回避地)」とは

総面積が淡路島の10分の1ほどの英領バミューダ諸島は、青い海を求めて観光客が集うリゾートに加え、もう一つの顔がある。法人税やキャピタルゲイン(金融資産の値上がり益)への課税がない「タックスヘイブン(租税回避地)」だ。世界を代表するIT企業のグーグルもバミューダを使う。関係会社の登記上の住所は、政庁所在地ハミルトンの4階建てビルに入る法律事務所。だが、ビルの案内板にグーグルの名はなく、従業員もいない。英議会の報告書などによると、同社は欧州での収益を低税率のアイルランドに集まるようにし、さらにオランダを経由させるなどして、バミューダの会社が受け取る形で「節税」をしていた。

記事を読む

デフレはいつまで続く?日銀黒田総裁「人々に定着したデフレ心理の転換は容易でない」

デフレはいつまで続く?日銀黒田総裁「人々に定着したデフレ心理の転換は容易でない」

日銀の黒田東彦総裁は8日、英オックスフォード大で講演し、大規模な金融緩和策が効果を発揮している一方、人々に定着したデフレ心理の転換は「決して容易でない」と述べた。日銀が9日にホームページで講演内容を公表した。現状の緩和策は「日本経済を正しい方向に導く」としながらも、「知的探求はまだ完了していない」と指摘した。日銀はデフレ脱却を明確にするため物価上昇率2%目標を掲げているが、物価上昇率は0%程度と伸び悩んでいるため「達成にはなお距離がある」と訴え、緩和策を粘り強く続けていく姿勢を示した。

記事を読む

GREEの田中良和「ビットコインを10年前に1億円買っていれば・・・」

GREEの田中良和「ビットコインを10年前に1億円買っていれば・・・」

この10年のテック業界を振り返れば、最も大きな変化というのは「ガラケー(フィーチャーフォン)」から「スマホ(スマートフォン)」への変化だった。では今後10年はどんな変化が訪れるのか?経営者、投資家が振り返る「過去10年で最も衝撃だったニュース」 グリーの田中氏は「10年前に1億円買っていれば…」と悔いつつ、「ビットコイン」の衝撃を語る。最初のビットコイン(ブロック)が登場したのは2009年、2010年頃でも1ビットコインは5円程度だったが、今では30万円前後となっている。

記事を読む

働かずに収入を得る「不労所得」を得る方法ってどんなのがある?

働かずに収入を得る「不労所得」を得る方法ってどんなのがある?

■不労所得とは 収入とは、労働の対価と考える人が大半です。しかし、働かずして収入を得ることも可能で、労働を伴わない所得を不労所得と言います。 労働を伴わないとはいえ、自分の能力を活かし効率的に収入に変えるケースが多くなっています。勤務など労働契約によって拘束されずに得ることのできる収入ともいえそうです。不労所得には、具体的にどのようなものがあるのかみていきます。

記事を読む

【ランキング】「世界一税金が高い国」はアルバ 日本は何位?

【ランキング】「世界一税金が高い国」はアルバ 日本は何位?

カリビアンに浮かぶ美しい国アルバ。世界一税金の高い国として堂々と名を挙げた。オランダの教育方針を取り入れた質の高いエデュケーション・システム、整備されたインフラ、各種豪華アメニティ施設が自慢の国だ。カリビアン諸国の中でも最も収入が高い人たちが生活していることでも知られ、最大所得税58.95%をものともしない勢いである。

記事を読む

ビットコインが日本で普及する可能性は極めて低い その理由は?

ビットコインが日本で普及する可能性は極めて低い その理由は?

ビットコインが貨幣の代替品として日本で普及する可能性は極めて低いと見ている。 その国の信用力に問題がある場合や、国という枠を超えて取引を行う際には貨幣の代替品としてビットコインのニーズがある。 日銀の金融政策の目的は円という価値を維持することであり、つまりは極度のインフレなどになって貨幣価値が急落してしまうことを避けようとするものとなる。日本の一般国民がビットコインを使うインセンティブはなく、投機もしくは一部海外送金手段など以外には利用目的が存在しないと思われる。

記事を読む

スポンサーリンク