「 未分類 」一覧

色々な悩みに関する記事です

サイゼリヤと俺の戦いの話を聞いてくれ

サイゼリヤと俺の戦いの話を聞いてくれ

1: お悩みさん 長くなる。 今夜は熱いだろうから、冷たいものでも飲みながら聞いてくれ。 2: お悩みさん ...

記事を読む

ハチに刺されたんだが火が落ちたように痛いどうすればいい?

ハチに刺されたんだが火が落ちたように痛いどうすればいい?

1: お悩みさん スズメバチっぽいけどスズメバチよりは小さいかも 32: お悩みさん >>1の...

記事を読む

コバエを退治する方法ってどんなのがある?

コバエを退治する方法ってどんなのがある?

1: お悩みさん 一人暮らしの天敵コバエ。 コバエの倒し方教えてください。 2: お悩み...

記事を読む

これから注意したほうがいいこと教えてくれ

これから注意したほうがいいこと教えてくれ

1: お悩みさん これから起こりそうなこととか教えてくれ。または予言でもええで 55: お悩みさん >...

記事を読む

1000年後に日本人は何人残っているのか?予測してみた

1000年後に日本人は何人残っているのか?予測してみた

将来の人口を分析してみると、日本の未来はかなり正確に予測できるのだ。日本が少子高齢社会にあることは、誰もが知る「常識」である。だが、その実態を正確にわかっている日本人は、いったいどれくらいいるだろうか?もちろん、ここ数年で日本が消滅するわけではない。だが、50年、100年の単位で将来人口推計を見ていくと、ぞっとするほど日本人は少なくなる。2015年時点において1億2700万人を数えた日本の総人口が、40年後には9000万人を下回り、100年も経たぬうちに5000万人ほどに減る。この推計はメディアでも繰り返し取り上げられているのでご存じの方も多いだろうが、こんなに急激に人口が減るのは世界史において類例がない。われわれは、長い歴史にあって極めて特異な時代を生きているのである。

記事を読む

【政府】マイナンバーがLINEと連携、「マイナポータル」の安全性は大丈夫なの?

【政府】マイナンバーがLINEと連携、「マイナポータル」の安全性は大丈夫なの?

マイナンバーをめぐって政府がLINEと連携するのは、今秋、本格運用を始める個人向けサイト「マイナポータル」の利用を促し、マイナンバーカードの普及にもつなげる狙いがある。一方でLINEに対しては情報流出などの面で懸念する声もある。今回の連携では、利用者がLINEに個人情報を残すことがない仕組みにしているが、安全性の周知徹底が重要になりそうだ。ただ、情報セキュリティーをめぐっては昨年、タレントらの不●騒動で週刊誌にLINEでのやり取りが掲載。また、iPhone(アイフォーン)版では、第三者にアカウントを乗っ取られてやり取りを盗み見られる可能性がある不具合があり、LINEはこれを修正した。政府関係者は「セキュリティーの面から、マイナンバーでのもう一段の連携は難しいのではないか」と指摘する。

記事を読む

ツイッターで話題の「蚊が入らない網戸の閉め方」

ツイッターで話題の「蚊が入らない網戸の閉め方」

1: お悩みさん 家の換気をしつつ、蚊などの侵入を防ぐために設置されている網戸。この「正しい使い方」がネット上で話題にな...

記事を読む

最近の流行語「ギガが減る」とは ?ギガが減る原因と対策まとめ

最近の流行語「ギガが減る」とは ?ギガが減る原因と対策まとめ

最近、SNSなどで見かける不思議ワード「ギガが減る」。勘のいい人は気付くかもしれないが、これはスマートフォンなどで契約しているデータ通信量の残りが減っていることを表す若者言葉だ。  ちなみに契約しているデータ通信量を超えると、通信速度が最大128kbps(1000kbps=1Mbps)まで制限されてしまう。Webブラウジングやゲームアプリの通信が困難になるため“ギガが減る”と困ってしまうのだ。auが提供しているデータ通信量確認アプリ「デジラアプリ」は、アプリを起動するとアニメ調の画面に残りのデータ通信量を表示できる。

記事を読む

深沢真太郎氏が教える「数字に強くなる方法」とは

深沢真太郎氏が教える「数字に強くなる方法」とは

「数字、苦手なんですよね~」私はこれまで、この台詞を何度も耳にしてきました。そしてその方に必ず「あること」をお伝えします。 申し遅れました。深沢真太郎です。ビジネスパーソンを数字に強くさせ、仕事でうまく活用していただくための教育を仕事にしています。ゆえに仕事柄、先述のような台詞は研修やセミナーの場で本当によく耳にするのです。

記事を読む

通販利用者の8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答 小売業はやっていけるの?

通販利用者の8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答 小売業はやっていけるの?

通販やECを利用する消費者の約8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答した。 「物流会社のドライバー不足や 再配達などが問題化する中、配送料を利益の中でどう負担していくかが、今後の 小売業にとって大きな課題の1つとなっていくことが予想される」

記事を読む

スポンサーリンク