RSS


ヘビースモーカーでも長生きの人がいる理由


1: お悩みさん

受動喫煙対策が話題ですが、肺がんとたばこの関係を解説する際、よく出るのが「私のおじいさんはヘビースモーカーだったけど、長生きした」などのエピソードです。
医学的な言葉で言い換えれば、疫学データ(人を集団で観察した場合)と個人の運命(個人・個体で観察した場合)とが異なる結果になる、という実例です。
なぜそのようなことが起こるのか。
順天堂大学医学部公衆衛生学講座准教授で、呼吸器内科医の和田裕雄さんに解説してもらいました。

◇アンジェリーナ・ジョリーさんの予防切除

まず最初に、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんの例を紹介しましょう。
アンジェリーナさんは、遺伝子検査の結果、「BRCA1」あるいは「BRCA2」というがん抑制遺伝子のうち「BRCA1」に生まれつき変異を持っていることが分かり、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」が疑われました。
そこで、将来の乳がん発症予防のために両方の乳房を切除し、続いて、卵巣がん発症予防のために卵巣も切除したと報道されています。
実際、アンジェリーナさんの母親は若くして乳がんで亡くなったそうなので、同じ遺伝子変異を持っていたのかもしれません。
アンジェリーナさんは、遺伝子検査で自分も同じ病気になる可能性があることを知り、大いに悩んだことでしょう。

◇遺伝要因と環境要因

アンジェリーナさんの例と「禁煙すると肺がんが減少します」というお話は、がん発症の危険性を減らすという意味では同じですが、大きな違いがあります。
病気の原因を単純化すると、体質などの「遺伝要因」と生活環境などの「環境要因」に分けて考えることができます。
がんの場合もいずれかの要因、あるいは、両方の要因によって遺伝子から作られるたんぱく質に変化が起き、がん細胞が表れて増殖するなど細胞レベルでの変化が生じます。
それがエックス線などで分かるまでに進行して、最終的に症状として表れます(図)。

図:遺伝要因と環境要因からなる病気の発症メカニズム。

アンジェリーナさんの例は、生まれつき遺伝子の変異があったということですから、「遺伝要因の関与が大きい」と考えられます。
一方、喫煙に関連する肺がんは「環境要因が大きい」と考えることができます。

◇疫学データと個人の運命の差

たばこは環境要因の代表選手です。
たばこの煙には5000種類以上の物質が含まれると考えられていますが、その中には遺伝子に変化を与える変異原と呼ばれる物質が多数含まれています。
このため、たばこを吸えば吸うほど、遺伝子に変異が生じて、細胞ががん化する危険が増大すると考えられます。

ただし、同じ病気でも、大きな集団で考えると、環境要因だけで病気になる人▽遺伝要因だけで病気になる人▽環境要因と遺伝要因の複合で病気になる人--とさまざまです。
喫煙などの環境要因に強い遺伝要因を持っている人は、喫煙者で環境要因があるにもかかわらず肺がんにならない場合があります。
逆に、非喫煙者で環境要因がない人でも遺伝要因のために肺がんになることもあります。
このようにして「疫学データと個人の運命との差」が生じてくるのです。

◇喫煙者は肺がんリスクが5.5倍

2000年以前の研究結果をまとめて解析した論文によると、喫煙したことがある人は、全く喫煙したことがない人の5.5倍、肺がんになる危険が増すと結論付けています。
この世からたばこがなくなり、喫煙者と喫煙経験者が存在しなくなると、肺がん患者は現在の約6分の1になるということです。
しかし、肺がん患者は0人にはなりません。この理由は、公害などの環境要因、あるいは、遺伝要因の影響のためだと考えられます。
でも、たばこをやめるだけで肺がん発症の危険性を6分の1に減らすことが可能なのですから、私はたばこはやめた方が良いと考えています。

no title


16: お悩みさん
ふつう、死ぬまで現役スモウカーて70代前後じゃないの?
不摂生のわりに健闘したと言えるけと長生きとは言えないんだよな


20: お悩みさん
肺がんにはなりたくない
ひどく苦しいそうだ


881: お悩みさん
>>20
肺がんって末期どうなって死ぬの?

引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497239512/


892: お悩みさん

>>881
意識があると苦しさに耐えられないので、麻酔で眠らせる

やがて自発呼吸出来なくなり、心配停止


21: お悩みさん
俺なんかタバコもアスベストも吸ってるから手遅れ!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E5%95%8F%E9%A1%8C

30: お悩みさん
>>21
アスベストの方が問題だよなあ。


32: お悩みさん

喫煙がガンリスクを上げるのはまぁ事実だろうが、あくまで確率統計の話よって事だな。

あまり過敏に反応するとストレスが溜まってそれが要因でガンになるリスクが上がるんじゃないのかね。

それでなくても国内一部の地域じゃ大陸からPM2.5などの様々な化学物質が含まれた空気吸って生活してんのに。

せいぜい喫煙を免許制にしてマナーを守る事ができる人間に限り許可したら。


38: お悩みさん
>>32
ガンは2ヒットと言われる。
親族に癌になった人がいたら1ヒット。
その他、病気やタバコや放射能で免疫力が下がったら1ヒット。
この2ヒットで癌になると言われる。


48: お悩みさん
>>38
アスベスト+煙草とかでも凄く上がるらしいね


42: お悩みさん

少し前まで肺がんの確率倍になる、つまり200人に1人なのが
100人に一人になるって説明を受けた気がするけど
ここ数年で5.5倍にも増えたんだ

研究ってすげえな


49: お悩みさん
>>42
だけど喫煙者はすごい勢いで減ってきたのに肺がんはすごい勢いで増えた


136: お悩みさん
>>49
免疫が落ちてるんだろ
安全な消毒された食い物とか
それでいて偏った栄養過多とか


82: お悩みさん
クルマの外気設定は車内循環にした方がいいのかねえ


93: お悩みさん
>>82 もちろんですw
前にダンプとか走っていたら排ガス直接吸っているのと同じですよ
肺がんの原因ってダンプの排ガスの方が日常的に危険だと思います


83: お悩みさん
煙草の要因は当然あるけど、一番は遺伝って事だな
ガン遺伝子持ちは煙草を吸わなくても高確率でガンになり、
ガン遺伝子を持たない者は喫煙でリスクが高まるが絶対じゃないよという
遺伝です
タバコ嫌いで受動喫煙の危険性を訴えてた第一人者な医者は肺ガンで死ぬというお笑いもやったしな
遺伝です


148: お悩みさん

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン
no title

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン(Jeanne-Louise Calment、1875年2月21日 – 1997年8月4日)は、
人類史上(確実な証拠がある中で)最も長生きをした人物である。

(略)

彼女は自分が喫煙者であることを隠さず、20歳代から喫煙し、
タバコに火をつけてくれる介護者のことを気遣って、
117歳で禁煙したという

(=w=;)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

183: お悩みさん

寝たきりのジジババ見てりゃ分かるけど
内臓が強い奴は、やたら長生き

うちのばーさんも100歳超えて生きてたが
小柄なのにすごい量の飯食ってた


198: お悩みさん
ぶっちゃけていうと癌になってないやつはいない
お前らも最低でも10回は癌になってる
それを免疫が撃退してるかどうかが大事なのね


308: お悩みさん

たばこ吸うけど、大自然に囲まれた田舎住み
たばこ吸わないけど、排ガスだらけの都会住み

どっちが長生きするの?


322: お悩みさん
>>308
程度によるけど前者が長生き。


327: お悩みさん
>>308
大自然に囲まれてて車もなかった昔の人のほうが短命だよね


341: お悩みさん
>>327
まともな食事がなくて不衛生な環境だったからでしょ
そこまですべて同じにすれば同じ結果になるだけ
野良猫を家猫の寿命の違いのようなもの


897: お悩みさん
吸ってなかったらもっと長生きしてると思うよ