RSS


長寿大国のはずの日本よりアメリカの方が「百寿者」が多い理由

スポンサーリンク


1: お悩みさん

日本は、世界に冠たる長寿大国である。確かに日本人の平均寿命は年々延び続け、厚生労働省の最新データによれば女性は87.05歳で、男性も80.79歳。アイスランドや香港と競っているというが、人口の規模で比較すれば、日本が長寿に関しては世界第1位であることは疑いようがない。
世界から注目を集めており、その秘密を探ろうと、各国の医療関係者やジャーナリストが沖縄など日本各地に押し掛けている。

実に喜ばしい限りであるが、この種のランキングには常に落とし穴も隠されている。それは平均値の恐ろしさということでもある。100歳を超えても元気な高齢者がいる一方で、40代、50代で過労死やストレス死に襲われる日本人も増えている
。個人差の大きさにも注目する必要があることはいうまでもない。

また、見過ごされがちだが、日本では自●者も決して少なくはない。毎年3万人近くが自ら命を絶っている。
しかも、変死者の数は15万人に達するというから驚く。国際機関では変死者の半分を自●とカウントするが、日本ではそうしていない。
もし、世界基準に合わせれば、「日本の毎年の自●者は10万人を超える」ことになり、世界有数の「自●大国」となってしまう。長寿大国のイメージを守るために、統計上の操作が行われているといっても過言ではない。

さらにいえば、100歳以上の人口について日米で比較をしてみると意外な結果が見えてくる。
日本は6万人ほどの「百寿者」と呼ばれる人々がいる。現在のペースで行けば、10万人の大台に乗るのは時間の問題だろう。
一方、アメリカには15万人ほどの「センテナリアンズ(100歳以上の人)」が健在している。こちらも増え続けているようだ。

人口比で言えば日本はアメリカの約半分。とすれば、アメリカの百寿者が12万人程度であれば辻褄が合うはず。ところが、実際には大きく上回っている。
言い換えれば、100歳以上の高齢者に限れば、なんとアメリカのほうが日本より長寿大国というわけだ。

アメリカといえばファーストフードの普及がすさまじく、脂肪分の取りすぎで肥満や糖尿病に苦しむ人々が多い。
ところが、意外にも人口比で見れば日本より100歳以上の高齢者がはるかに多いのはなぜだろうか。
また、それ以上に注目すべきは現役で活躍中の高齢者の数はアメリカの方が圧倒的に多い点である。
この社会的な違いはどこから生じているのだろうか。

答えは、アメリカで急成長を遂げているアンチ・エイジングの発想にありそうだ。
日本では「抗加齢」と訳されているが、医学やナノテク技術の飛躍的進歩により、身体機能や細胞のメカニズムを遺伝子レベルまで踏み込み科学的に分析できるようになってきた。
であるならば、「老化や加齢もひとつの疾患」と捉え、予防や治療によって克服していこうという発想が生まれた。

続きはサイトで
http://biz-journal.jp/2017/06/post_19453.html


4: お悩みさん
アメリカでも高所得層は
ファストフードはパスして
体に良いものを食べるし
最新医療も受け放題なんだろうな。


43: お悩みさん
サプリメントを飲めということか?

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1497534460/


49: お悩みさん
向こうのかなり高学歴な人と一緒に働いてた事あるけど
マック行こうぜでスゲー嫌な顔して拒否されたの思い出すわw
まじで向こうの高学歴層はファストフード食わないよw


61: お悩みさん
ストレスのあるなしだな寿命は。
ストレスがあったら生活もだんだん崩れていくし。
郊外で落ち着いた大邸宅(日本人から見ると)に住んでるのは羨ましいと思う。


63: お悩みさん

>>61
ストレス感じたらすぐカウンセリングにいくぞ、アメ人は。
ちゃんとライセンスとったカウンセラーが山ほどいて、保険がきくから
よくみんな受けに行っている。
あとはカイロプラクティックもいくな。カイロプラクティックの先生はみんな博士持ちで、
日本みたいに怪しげな免許ではないから安心だ。

アメリカの家はすばらしいな。なんで日本もあんな風に動線を考えた住みやすい作りにできないんだろう。
主寝室に風呂場があるのは本当に便利だと思う。


62: お悩みさん
白いご飯たっぷり、塩気の多いおかずに、味噌汁に漬物
これが最高に短命に効くらしい


66: お悩みさん
老化は慢性炎症が主な原因だろ。
慢性炎症を抑え込めば20歳若返りも可能かもしれん。


68: お悩みさん
もう認知症患者は安楽死させてやれよ
それが一番良いだろ本人にとっても家族にとっても
放置は無駄に平均寿命を延ばすだけだ。誰も喜ぶ者はいない


71: お悩みさん
日本人はサプリについての知識が無さすぎる。そこに付け込んで粗悪なサプリを高額で売りつける業者が多すぎる
はっきり言ってサプリの品質に関しては欧米とは雲泥の差がある。安全に関する法律自体が全然違うからな
サプリメントの品質基準
no title


72: お悩みさん
さかな食え


79: お悩みさん
>>72
魚介の消費量全国1位の青森県、死亡率でも全国1位


78: お悩みさん

今の働き盛りの人達が百歳まで生きられる

とは限らない!?

俺だって体ボロボロだもの!


84: お悩みさん
塩分の摂取量は、食塩の消費量からだけでは分からないのかもしれん
ご飯の消費が多いと、また魚介類の消費が多いと、味付けが塩っぱい
ものが好まれるのかもしれん


86: お悩みさん
青森県 ご飯の消費量が全国47位だった。あれ?
秋田県46位、岩手県43位 おかしいな、米どころのはずが


90: お悩みさん
青森県 消費ランキング
生鮮魚介 1位 2016
魚介類  1位 2016
イカ   1位 2016
サンマ  1位 2016
カレイ  2位 2016
イワシ  3位 2016
塩鮭   2位 2016
干物   1位 2016
味噌   2位 2016
インスタントラーメン 1位 2016
中華麺  2位 2016


92: お悩みさん

>>86
指標に出てこない自家需要が多いんじゃないの。
どう統計を取っているのか知らないけれど、少なくとも
小売店での販売量が出所であると、自家需要や物々交換経済に類するものは出て来ない。

>>90
塩分摂取量:1位
ソーセージ消費量:1位
インスタントラーメン消費量:1位
炭酸飲料消費量:1位
男子小中学生肥満率:1位
ベーコン消費量:5位
この辺が光るね。

しかし、各種がんとか悪性リンパ腫とか死亡率1位が並びすぎだろ、青森。
なんか埋まってたりするんじゃないのかと思わせるレベル。


91: お悩みさん
>>90
どう見てもインスタントラーメンが原因


101: お悩みさん
青森県は、ご飯より、中華麺やインスタントラーメンが好きという
ことで、塩分摂取が増えてるんだろう
塩鮭が好きもそうだし、塩辛い味付けを好む傾向にあるんだろう
魚介類の消費の多さは、その調理時の塩分が大きいと予想する
沖縄県の魚介類消費量は全国最下位なので、魚介類消費が多い方が
長生きできるとは限らないことは間違いない


25: お悩みさん
日本は戦争で亡くなった人が多いからね
100歳以上の人が人口比でアメリカよりも少ないのはそのせいだ

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク