RSS


働きたいときに会社に来ればいい「フリースケジュール制」企業とは?

スポンサーリンク


1: お悩みさん
NEWSポストセブン|働きたい時に来ればいい会社、離職者減り効率も品質も向上│
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

no title

【鎌田實医師が紹介する「フリースケジュール制」企業の実態】

ワークライフバランスを重視し、仕事と生活のバランスをよくしようと叫ばれてから時間が経っているが、「努力をしている」という話はあっても、「実現できた」というケースは稀だ。「フリースケジュール制」という大胆な働き方を採用したことで、かえってよい結果につなげた事例をとりあげながら、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、働くことと人間との関わり方について考えた。

* * *
大阪府にある「パプアニューギニア海産」は、天然の冷凍エビをエビフライやむきエビに加工し販売する会社だ。もともと石巻市にあったが、東日本大震災で被災し、工場が全壊した。大阪に移転したが、主戦力であるパート従業員がなかなか集まらない。そこで導入したのが「フリースケジュール制度」だった。

この制度は、働きたいときに会社に来ればいい、休むときも連絡しなくていい、というもの。

武藤北斗工場長は、「震災でたくさんの人が亡くなるのを見た。働く人の生活を充実させるような働き方や、気持ちよく働くことを考えた結果、フリースケジュール制にたどり着いた」と言う。

実に型破りな制度だが、これで仕事が回るのだろうか。

NEWSポストセブン|働きたい時に来ればいい会社、離職者減り効率も品質も向上│
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

工場では、社員2人とパート従業員約10人が働いている。出勤日を自分で決められるので、出勤する人の人数にばらつきがある。明日はたくさん人が来るだろうと見込んで、多めに作業を準備していたのに、読みがはずれることもある。だれも来なかった日も一日だけあった。工場長としては困るのではないかと思いきや、週単位でみると、出勤人数は平均化されるので、特に困ることはないという。実におおらかだ。

パート従業員はすべて女性。これまで、子どもが熱を出したり、学校行事などで休みが続くと、迷惑かけて申し訳ないと辞めてしまうことがあった。フリースケジュール制にしてからは、離職者が激減したという。

会社側も、従業員のシフトで頭を痛める必要もない。出勤も欠勤も事前連絡なしでいいから、当日の無断欠勤でイライラすることもなくなった。辞める人が極端に減ったので、求人費用もかからない。新人教育の必要もなくなった。人件費は2割減になったという。

この会社では、「嫌いな仕事はしなくていい」ともうたっている。前もってパート従業員にアンケート調査したところ、だれかが嫌いな作業は、だれかが好きということがわかった。結果的に適材適所で、自分の好きな仕事をすることにより、効率もアップ、品質も向上。働く人の自主性に任せたら、いい結果につながったのだ。

武藤工場長は、「パートさんたちと距離が近くなり、楽しい職場になった。会社が忙しい年末などには、自分たちから職場に出てくれて、頑張ってくれたり、効率が上がるように提案してくれるようにもなった」と話す。

NEWSポストセブン|働きたい時に来ればいい会社、離職者減り効率も品質も向上│
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

かつてブラック企業と言われた情報・通信業の東証一部上場企業「サイボウズ」は、社員の声を聞き、働き方を自由にした。在宅勤務や子連れ出勤の制度などもつくり、介護休暇や育児休暇を6年間取得できるようにした。業務時間以外であれば、副業も認めている。

ブラック企業の汚名を返上し、働き甲斐のある会社ランキングの上位に、4年連続ランクインしている。クラウド関連サービスの売り上げは40億円超、前年比49%アップというとんでもない成果を出している。

働くことは、命を奪う「毒」にもなれば、生き甲斐を生む「薬」にもなる。一億総ブラックから脱し、働く人が本当に幸せになれる働き方へ、改革はすでに始まっている。その流れに乗れるかどうか、日本の企業は大きく試されている。

※週刊ポスト2017年6月9日号


2: お悩みさん
裏でめっちゃ頑張って人数調整してる人いそう


4: お悩みさん
2割が働けばなんとかまわるもんだ


5: お悩みさん
これはいい試みだ。

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1496570213/


6: お悩みさん
絶対真面目にやってる人が割り食ってるなコレ


11: お悩みさん
製造系も「納期」なんざ緩くすればもっとおおらかに回るのにな
納期厳守だ生産ノルマなんつったって最終的な顧客は個人なのに滑稽だわw
高級車だろうが必需品だろうが一週間でも一ヶ月でも「入手が遅れたら本当に困る」奴なんて居ないだろw


23: お悩みさん

>>11
製造系の問題は、最終的に商品を手にする顧客個人ではなく
商品を販売する大手企業(トヨタが典型)が、在庫を持とうとせずに
下請けに過密な生産スケジュールを要求するのが原因だよ。

Aの商品を今週末に100個、BとCは翌週に20個、Aを翌々週に15個
という感じで要求する。
大手企業が在庫を持つ体制なら、事前に準備してAの商品を前もって200個納品できる。
これができないんで、下請けは要求の度に段取替えをして製品を作るから
多忙かつ過密な生産体制が続く。
加えて、業務改善と競争力の確保を名目に、毎年製品の値下げを下請けに強制する。


24: お悩みさん
>>23
ほんとこれ
だから製造業はいくもんでない
ずっと動かなきゃならないし
よっぽとコミュ障でもなければ
他の仕事したほうがスマホで遊んだり
くちゃべったり、殆ど運転時間だったりと
楽チン
製造業にはいくな


14: お悩みさん
海外に行くと未だにユルユルな国も多いもんな。
たぶん、納期死守とかは日本人の国民性なんだろうねぇ。
だから今の日本があるのだけど、そろそろ転換期かも知れんな。


16: お悩みさん
上手く行くならいいんじゃないか 上手く行くならだけど やってみないとこれは分からん


17: お悩みさん
たぶん色々問題は出てくるんだろうけどやってみないと課題は見えてこないから
こういうのは歓迎したい


19: お悩みさん
段々とだらけてきて製品の品質下がったりしないのかな、


64: お悩みさん
>>19
拘束時間長い現状の方がだらけてるんじゃないかな


36: お悩みさん
いままでそうだったから
とかいうシキタリは考え直す時期だよ
もちろん業種によってどうにかなるならないがでてくるのはあたりまえ
今回はどうにかなる業種だった


38: お悩みさん
いっそ、ドラクエで経験値やゴールド稼ぐ感覚で仕事できるようにしたら仕事する人増えそうだよな。
宿屋に泊まる前に宿屋の代金分稼いでくるような感覚。


49: お悩みさん
中間管理職はつらいだろうけど、まあいいんじゃない


50: お悩みさん
ここまでフリーは難しいにしても、例えば仕事の切れ間切れ間に一ヶ月位無給休暇を取れる仕組みがあってもいいと思うんだよね
10年勤めたら1年休みみたいな


51: お悩みさん
こんな適当でいいんか?w
上手くいってるようなんで凄いな


58: お悩みさん

>大阪府にある「パプアニューギニア海産」は、
>天然の冷凍エビをエビフライやむきエビに加工し販売する会社だ。

業務を最終的に上手く帳尻を合わせるやり方なんだろうな。
出荷が間に合わないときはどうやって回避してるんだろう?
理解ある小売だけに卸してるんだろうか??


60: お悩みさん
>>58
冷凍食品だから在庫積めるんじゃね


61: お悩みさん
>>60
それな


76: お悩みさん
「来てもこなくても良い」って言われると「いてもいなくても良い」「誰でも代りがきく」
ってことで働き甲斐がなくなりそう、単に生活手段と割り切ってるひとはよいが


79: お悩みさん

>>76
代わりのきかない職なんて存在しないんだから全員だよ
「来ても来なくてもいい」じゃなくて「いつ来てもいい」だよ。
給料が欲しくて働いているんだから、ほしい分はちゃんと来るさ。
普通の人は、なるべく毎月同じ位の収入を望むから、週単位、月単位では
標準化されるんだろうな。

パートだから、子供が熱出した、参観日、不定期にあるし。
接客業でないから可能だな。
接客業だと、店が開けられないw


47: お悩みさん
「○○さんおられますか?」
「今日は働きたく無いそうなので来てません」
「…」

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク