RSS


長時間労働対策を「Google」ではどうしているのか、聞いてみた

スポンサーリンク


1: お悩みさん

事業としての魅力はもちろん、その働きやすさについても常に注目され、「働きたい会社」としても、世界的な人気企業になっているグーグル。

どうしてグーグルが働く場所として高い評価を得ているのか。ビリヤード台や卓球台、防音の音楽ルームやお洒落なライブラリー、「竹ガーデン」などがある独創的なオフィス環境や、1日3食社員食堂で無料で食べられるなど、福利厚生はよく語られる。

中略

今、日本では「働き方改革」が話題になっており、長時間労働対策が問題になっているが、グーグルではどうしているのか、聞いてみた。

「まず、グーグルがメッセージしているのは、野心的で面白く興味深いゴールや目標に取り組んでほしい、ということです。ただし、それをどこでどのようにやるのか、はまったく問いません。ただし、長時間労働を勧めたりするメッセージはまったくしていません。そういう様子が見られたら、サポートが必要という信号ですから、本人と話をしてリソースが必要か、バランスを変えたほうがいいのではないか、などコミュニケーションします」

実際の現場でも、長時間働くことはまったくリスペクトされないのだという。長く働くことがカッコイイことだと誰も思っていないし、周囲からの評価もされない。営業時間外のメールすら、好まれない。受け取ると返信をしてしまうから、仕事スイッチが連鎖してしまうからだ。営業時間内に仕事ができるよう、タイムマネジメントすることが求められる。

しかし、野心的な目標を掲げているほどだ。無理をしてしまう社員は出てこないのか。

「これも自立性と関わってきますが、自分の人生や生活に対して、仕事をどうコントロールしていくか、という意識は極めて重要です。健康的な形で、どう仕事を推し進めていくか。そこは自分で考える必要がある。実際、どうやろうといいんです。自分の調子のいいときに長く働いて、翌日は早く帰る、というのもいい。自宅で仕事をしたほうが良ければそうすればいい。仕事ツールはたくさんありますので、まったくの自由裁量です」

実際には、グーグルに転職した社員に聞くと、仕事の密度は相当なものだという。もちろんオープンで仕事がしやすく、ツールが充実していることもあるが、1週間分の仕事を1日でやっている感覚すらある、らしい。だが、これもブッキングのしやすさのように、密度高く仕事ができる環境が揃っているから、ともいえる。

一方で、エンパワーメント&インディペンデンスだけに、働き方は極めてフレキシブルだ。例えば、エアコンが壊れて修理業者が来るので明日は自宅で仕事をする、などというのは、普通にできること。仕事がどこでもできるなら、だ。

また、それぞれの仕事はそれぞれが管理しているので、「朝、急に子どもが熱を出したので家で仕事をすることになりました」となったとき、周囲で「えーっ!」などと声が上がることもないという。共同責任ではないので、誰かが困ったり割を食うようなことはないからだ。だから、職場もギスギスした雰囲気はまるでない。

「定期的に在宅で仕事をしている人もいますが、やはりグループで物事を動かしていくほうが仕事はスムーズですから、基本は職場に来て仕事をします。ただし、それは自分で決めること。会社が考えているのは、男女問わず、いい結果を出していくためにコンフリクトを起こしたり、障害になっているさまざまなことや日常的に困っていることを、どんどん取り除いていこう、ということです。もっと仕事がしやすくなるには、どうすればいいか、まだまだいろんなことができると考えています」

それこそ人事も野心的な目標に取り組んでいる、ということ。はっきりとしたミッションがあり、オープンに情報にアクセスでき、自分で組み立てていける仕事環境が作られている。こういうところに魅力を感じる人には、心地いいということになるのだろう。
http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170530_C

エンパワーメントとは - 人事労務用語 Weblio辞書
エンパワーメントとは?人事労務用語。 ① 力をつけること。また,女性が力をつけ,連帯して行動することによって自分たちの置かれた不利な状況を変えていこうとする考え方。 ② 権限の委譲。企業において従業員の能力を伸ばすためや,開発援助において...
インディペンデンスとは - Weblio辞書
インディペンデンスとは? インディペンデンスまたはインデペンデンス(Independence)は「独立」を意味する英単語。「インディペンデンス」の続きの解説一覧1インディペンデンスとは2イ...
フレキシブルとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
フレキシブルとは?日本語表現辞典。 ( 形動 ) ① 物が,しなやかなさま。柔軟性のあるさま。 ② 精神や性格が,柔軟なさま。順応性があるさま。 ③ 制度や組織が融通のきくさま。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1496555734/


4: お悩みさん

地頭が良くないとな。
日本以上に学歴格差社会だから仕方ない。

日本の公務員みたいにとりあえず試験頑張って、一度入ったらあとはヌクヌクするのを「優秀」だと勘違いしてるんじゃ敵わないよ。


6: お悩みさん

社長がまともだから

自分さえ良ければという社長だと 社員の待遇悪し 社員が土日も出勤 定着率悪し でしょう


14: お悩みさん
>>6
日本の場合は忙しかった頃の社長や幹部並の働きを従業員に押し付けてる感じ
俺は昔こんなに働いた!だからお前も働けるはずだってね


7: お悩みさん
Googleさんみたいな設備の整った会社は国内には何社いるのだろうか


38: お悩みさん
>>7
皆無かと


8: お悩みさん
こんな会社でも、グーグルに入社することが目的になったシロアリ社員によって
やがて内部から腐っていくんだよな~


13: お悩みさん
こういうのは創業時の思想が全て
今から変えようとしても無理


16: お悩みさん
グーグルの創設時の逸話はマイクロソフトばりに伝説だもの
中枢のエンジニアは天才だけ
その基準はオックスフォードでホーキング教授と数式を黒板に書いて討論できること
この人材を招待するため、ファーストクラスのチケットとホテルのスイート・ルームのチケットを送った
学生にはこれが効く、おかげでグーグルには若く不可能を可能にする天才がそろった


21: お悩みさん
給与が高いからでしかありえない


27: お悩みさん
業績が良いから、難しく考える事じゃない簡単な事だ。


30: お悩みさん
日本じゃムリだよなあ
残業する無能に金払う国だからな


34: お悩みさん
満足した働き方できない人は追い出されるから


35: お悩みさん
>>34
Googleに入れる奴は転職先いくらでもあるからな
そういった層は満足な職場を見つかるまで転職しまくるってのも可能だろう
アメリカは転職したほうが評価あがるらしいのもあるし


36: お悩みさん

グーグルだからだろ

グーグルでやってる同じことを、他の零細業者がやってもテンションが上がるわけないだろ


37: お悩みさん

1.有能な社員
2.人材の能力を活かせる資金力と設備

3.大きな成果
4.高い給与

ということで働いている人間がそもそも有能じゃないと高い満足度は得られないんだなあ

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク