RSS


堀江貴文(ホリエモン)「電話は最悪のツールであり、百害あって一利ない」

スポンサーリンク


1: お悩みさん

限られた時間しかない人生。いつも多動でいるためにいちばん大事なこと。それは、1日の時間の中から「ワクワクしない時間」を減らしていくことだ。嫌な仕事はどうしたって気が進まない。効率も悪くなるし、能力だって発揮できない。そんなものを背負っていたら、身軽に、そして大量のプロジェクトを動かして生きることなんてできやしない。

「自分の時間」を奪う最たるもの。それは「電話」だ。 僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。

ライブドア時代、僕は社員と面と向かってしゃべらないことをすごく批判されたことがある。同じフロアにいる社員や秘書にメールやチャットで指示を出していたからだ。「ホリエモンは隣の秘書にすらパソコンを使って連絡をする。なんと機械的で冷たいのか」という印象をもたれたようだ。

1日の中には、細かいすき間時間がたくさん発生する。そのすき間時間を利用し、非同期通信によって仕事を効率的に進めていくのだ。 前時代の感覚にとらわれている人は、コミュニケーションというのは、お互い同時間に行う同期通信でなければ意図が伝わらないと盲信している。そういう人が僕の電話を平気で鳴らし、人の仕事をジャマするのだ。 驚くべきことに、メールやファクスを送ったあとに「今メールを送りましたから」「今ファクスしましたから」と電話を鳴らしてくるバ●もいる。

こういうバ●は、飛脚が走って手紙を届けていた江戸時代からメンタリティが変わっていない。悪気なく電話を鳴らしてくる時点で、僕はそんな人とは一緒に仕事をしたくない。電話でしかやりとりできないような人は、僕の時間を無駄に奪う害悪だ。

「自分の時間」を無条件で譲り渡すな
インターネットの大きな功績は、非同期通信を手軽にしたことである。非同期通信が手軽になったおかげで、人がどれだけすき間時間を活用できるようになったか。地球の裏側にいる人と仕事をするときにも、時差なんて気にする必要さえなくなったではないか。

誰もが自分の都合のいい時間に情報にアクセスできる。上司に連絡や報告を入れるときに、メールやLINEを使うと怒る人がいるという。「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は直接電話しろ。だいいち無礼だ」としかりつける上司や仕事相手とは、付き合うのをやめるか、何度言われても、しぶとくメールやLINEでホウレンソウをすればいい。

他人の目を気にしすぎて、「自分の時間」を生きていない人が多い。限りある人生、「自分の時間」を無条件で譲り渡すようなことをしてはいけない。多くのビジネスパーソンは、上司や先輩の怒りを買わないように無意味なルールに縛られ、「他人の時間」を生きている。自分が参加する必要もない打ち合わせに出て、上司の話をボーッと聞いている。 そんな「他人の時間」を生きるくらいなら、打ち合わせ中にスマホで気になるニュースを読んだり、LINEやメールを返して「自分の時間」に引き戻したほうがいい。

「他人の時間」を生きるのは自分の人生に対して失礼ではないだろうか。僕は打ち合わせ中も、終始スマホをいじっている。スマホ画面を見ているからといって、会議がうわの空というわけではない。だいいち、すべての会議が濃密というわけではなく、くだらない会議、意味のない無駄話はどの職場でもけっこう多いものだ。そのすき間時間に、ケータイで必要な情報を得たほうがずいぶんと効率的だと思う。

僕は起業したときから社長だったから、打ち合わせ中にケータイを見ていることについて、面と向かって文句を言われたことはない。だが、外では何か言われているかもしれない。なにしろ僕は、どこかのお偉いさんと会っているときも、相手によって態度を変えたりしないし、先方が天気の話題などどうでもいい話をしているときには、すぐスマホに目を落とし、「自分の時間」を過ごす。

「上司が話をしているときは目を見て聞け」とか「会議中にはスマホをしまえ」と言われても、屈してはいけない。それでクビにされるような会社だったら早く辞めたほうがいい。大事な会議で、あえてスマホをいじる勇気をもってほしい。周りにとやかく言われることを恐れ、「他人の時間」を生きてしまってはいないだろうか??1日の時間を楽しみきるためには、自分が今、「自分の時間」を生きているのか「他人の時間」を生きているのか、ということに敏感にならないといけない。
http://toyokeizai.net/articles/-/174408

関連記事

堀江貴文(ホリエモン)「『多動力』は、これからの仕事に必須のスキル」
堀江貴文(ホリエモン)「『多動力』は、これからの仕事に必須のスキル」
「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。 情報伝達手段が限られていた時代には、おいしい酢飯をどうやって作ればいいのか素人にはわからなかったし、魚のうまさを最大限引き出す包丁の使い方はプロのみぞ知る専売特許だった。しかし、もはやそんな時代ではない。一流店になるための情報や技術などは専門学校でちゃちゃっと身につけてしまうことができるのだ。

176: お悩みさん
>>1
同意だわ。電話は時間の無駄。簡潔な文章のメールでのやり取りの方がいい。


10: お悩みさん
確かに電話は非効率
流れを断ち切られるというのもそのとおりだが
仕事では確認のできる文書のほうがいいわけで
なるべくメールやSNSメッセージにしたほうがいい

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1496625900/


14: お悩みさん
これは極端だが時間の価値を考えない奴はイラッと来るわマジで


34: お悩みさん
何でもかんでも電話はたしかに困る。
相手の時間を奪っていることも事実である。
電話を完全否定はだめだけどさ。


57: お悩みさん
物流なんて欠品のたびに電話だったぞ


76: お悩みさん
この人は自分が株主で社長だから自分の時間だという意識が持てるのであって
雇われの場合はそもそも自分の時間を会社に売っているわけで
だから拘束時間に対して給料が払われるのだが時間を取り戻したら給料泥棒だ


90: お悩みさん
>>76
誰も拘束時間中に自分の時間として使えとは言ってない。
雇われの場合は、理不尽な残業、不当な安給与が当てはまるだろう。
これは雇用主の評価の仕方によるだろうな。
結局ろくでなしリーダーについていくとろくなことにはならんということだ。


96: お悩みさん
>>90
でもそれは企業の利益とはベクトルが逆だね
この人の言い分は自分の時間を取り戻せば結果的に効率が上がって業績もアップというノリだ
経営者や事業主にしか共感されない
2ちゃんは高齢化しているからおおむね好評なのだろう


107: お悩みさん
>>96
経営者が何を利益と見るかだ。
お前の代わりはいくらでもいる
が通用するなら使い捨てが利益となるだろうな。
これからは逆が通用する時代になる。


139: お悩みさん
これだから、抗議する時は必ず電話にしてる。
相手の時間を奪えるし、精神的圧迫も加えられるからな。


218: お悩みさん
>>139
メールでの抗議やクレームなんて無視されて終わりだもんな


172: お悩みさん
途中までは凄い理解できる
電話に出ないのは必要だしむしろ電話のないとこの方が
効率も高まる
結局電話が鳴り響くから仕事に手間取って逆に電話が鳴らない
夜の方がはかどってしまう
電話もくだらない内容が7割ぐらいだからね


228: お悩みさん
いや、話はわかるけどさ。効率性ばかり追い求めているのって疲れない?
たまには何もせずボーっと過す時間もいいんじゃないか?


232: お悩みさん
>>228
まあ電話掛かってくると、ぼーとしてる時間も作れないけどね


239: お悩みさん
いやメール使いは全部メールでやってもらいたいはずやで
基本的に相手の発言が二点三点すると困るので自動的に議事録ができるメールが楽なんだろ
込み入った話なんか絶対メールがいい
言った言わないの水掛け論をすることもないし


251: お悩みさん
>>239
日本の場合は無駄に会議が多く長すぎるってのも
指摘事項にあったりするよね


242: お悩みさん
基本的にメールのがいいって人は立場が弱い人だけどね
大手の正社員(客)とのやり取りとか電話でやりたくない
仕事の依頼なんだかただの雑談なのか判断に困るときある


246: お悩みさん
>>242
ほんこれ
「お忙しいところ失礼いたします、お時間よろしいでしょうか?」の定型フレーズのとおり
電話とは失礼だし相手の時間を奪う行為であって
ここで電話肯定している連中だって自分より立場が上の相手には安易に電話なんてしないはずだ
で、現代流のプレーンな感覚から言えば
そういう客や上司を嫌うのは人情ってモノだ


13: お悩みさん
じゃあなんで電話持ってんだよ。


136: お悩みさん
>>13
そりゃあ自分からはかけるからだろ
そして出なかったらキレる

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク