RSS


人事が欲しがる転職者になる為の「職務経歴書」の書き方

スポンサーリンク


1: お悩みさん

特に初めて転職を検討する方の場合、履歴書や職務経歴書などの書類は、書き慣れないがゆえに相当苦労されるようです。「履歴書」「職務経歴書」「書き方」などのキーワードで書き方ガイドを検索して、最低限の体裁を整えて提出するという方がほとんどです。ただ、近しいキャリアでも書き方ひとつでずいぶん印象が変わることがあります。今回は、「会いたくなる職務経歴書」について深掘りをしたいと思います。

■「見やすさ」の肝は情報の取捨選択

社会人としての経験が増え、年齢が上がるほど、キャリアチェンジの節目が多いほど、簡潔に書くことが難しくなるのが「職務経歴書」です。時系列に出来事をまとめていく「編年体」や、類似の経験ごとにまとめていく「キャリア式」など、経歴内容や転職回数によって、人それぞれ苦労しながら自分にあったスタイルを探しているのではないでしょうか。

メインの経歴(社歴や職種歴)にあまり変化がなく、時々のエピソードや役割の変化を表現したい方の場合は「編年体」を選ぶことが多く、逆に転職で会社を変えたり、転職していなくても社内の人事異動で複数のキャリアを順不同に経験しているという人は、「キャリア式」を使って読みやすくまとめることが多いようです。

ただ、どちらの場合も「情報の粒度」に注意しないと、書くべき事実が次から次へと出てきてしまい、多い方だと10枚近くの大作になってしまったというケースもあります。

人事担当者は、ときには一つのポジションの募集で100人以上の応募者の書類を見ることもあります。いくら見慣れているとはいっても、5枚以上もあっては、なかなかしっかり読み込む集中力が湧かなくなってしまいます。

読みやすいフォントサイズや改行などの工夫はあるにせよ、最初の大原則はいかに情報を取捨選択するか、もっと言えば「いかに情報を捨てるか?」ということに尽きるでしょう。場合によっては、

●自分のキャリアの特徴を大きく分けるとこの3つに要約できる
●過去のキャリアは、ひとつの大きな柱に、5つの大きな枝がある
●起承転結で見ると4つの章に分かれる


など、できるだけ大枠で捉え直すと、説明もしやすくなるかもしれません。

以下ソース
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17568870S7A610C1000000


5: お悩みさん
最新の経歴は情報量多く
古い経歴は逆に少なく
つい最近まで旬の業務に携わっていた
ということを強調するのがポイントだな
旬のテクニカルワードなども盛り込んで


8: お悩みさん
専門性がない職種で職務経歴書は本当に必要か?


10: お悩みさん

>>8
必要。

そもそも企業なんて面接で人物を判断できるような目を持ってないから、
採用責任のアリバイとしてとっておく。

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1497610731/


72: お悩みさん
>>10
そういうことだろうな
銀行も投資だ融資の能力ねえし


16: お悩みさん
時系列で見やすけりゃそれでいいよ
変に同カテゴリーでまとめられてる方が見辛い


20: お悩みさん

でもIT系のベンチャーの求人とか

言語とかフレーム必須を

wikiみたいにビッシリ書いてるし


21: お悩みさん

会社から見たら希望年収に届く能力は無いが、
少し安いなら使ってやるかってレベルの人材なんだろ

二回くらいは偶然も続くだろうが、三回続けば自分にも原因が無いか、
考えてもいいと思うけどね
ま、自己評価高いみたいだし難しいかな
そもそも今の会社で自己評価ほど評価されてないと思うからの転職だろうし


22: お悩みさん

>>21
その通りだね。大人のレスw
俺は社長やってるけど、本当に求める人材ならいくらだって出すよ。

きちんと成果を出す社員は確実に出世させるし必ず大黒柱になってくれる。
退職していった社員で残って欲しいと思ったことはほとんどないね。


25: お悩みさん
だってグローバル経験とか3カ国語話せるとか資格とかどうでもいいし・・・
要は稼いでくれるかどうか・・・


32: お悩みさん
>>25
稼ぐのは君の仕事であって
従業員は契約通りのことをするのが仕事
語学力などがどうでもいいのは君の会社がそういう会社だから
そういう人材がいないと困る会社には必要な人材でありそういう
人材をとどめておきたければそれなりの額を提示しないといけない
世の中のすべての会社が君の会社と同じ論理で動いてないということ


29: お悩みさん

俺が人事だったらフリーターを正社員として積極採用するね
若い時から働き詰めで疲弊した元正社員より、活力が十分に残っているし発想も柔軟だから

同じ会社でずっと正社員として働いてきた人なんて最悪
前の会社の常識=世間の常識、だから融通が利かないし新しい事を覚える意欲も無い

その点、フリーターは40歳でもまだまだフレッシュだから仕事をしながらどんどん伸びる


42: お悩みさん
苦労した派遣社員を雇え
有難い、有難いと良く働くぞ


43: お悩みさん
人事が欲しがっても配属先が欲しがらなきゃ意味ない
記事に書いてあることはあくまで書類選考通過のテクニックだけ
30歳以降は経歴が伴わなければ面接で落とされることが多い


45: お悩みさん
>>43
中途面接は逆
配属先が合否を最初に決める
経歴ダメだと面接に呼ばれないよ
面接やる時点で相当なコストかかるからさ


64: お悩みさん
確かに見やすい文章書ける奴は使えると思う
ぱっと見でなにこれって思うような文章の奴は
説明も下手だし仕事も雑


94: お悩みさん

基本的に日本企業は採用にあたっては有能より無能を好む
有能だと頻繁に意見具申してきて煩いが、無能は無茶な指示でも黙って従うから

その結果、有能な人ほど非正規労働者となり無能な正社員の下で働くという倒錯した状況が発生する
20年間、ゼロ成長で終わった現実がそれを物語っている


99: お悩みさん

「人事が欲しがる」

ここからして大きな間違いがあると思うんだが。
まあ内資は人事部の方が現場より強いんだろうけど

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク