RSS


人事権はAIが握るべき、その理由は?

スポンサーリンク


1: お悩みさん

従来、採用活動といえば書類選考を前提としつつ、最終的な材料となるのは面接官による面接を主とする企業がほとんどだろう。そこでは共に働く“人”としての「ヒト」と「ナリ」が合否を分ける基準として存在している。

しかし、少子高齢化などを背景として“売り手市場”とも言われる昨今、どこの業界も人手不足な状況にある。その結果、より規模の大きい企業との採用競争の激化や新卒の活動早期化などに伴い、採用活動を取り巻く環境は日に日に厳しさを増している。

また、今では当たり前となった採用支援業者が様々な情報を盛り込み、応募者の個性を掴みやすいような資料を用意するようになってきている。このように採用システムの高度化や変化も担当者を悩ませる一因となっていそうだ。

人材採用担当者の業務量は増え続けているなか、期待されているのがAIというわけである。

そうした背景を受けて、2017年6月に総合人材グループのマンパワーグループでは、採用コンサルティングにAI活用を組み合わせた新しいサービスを開始することを発表した。
新サービス「RPO×AI」では、

・煩雑なエントリーシート読み込みの作業をテキストマイニングツールAIで代行
・ユーザー企業に蓄積された人事情報を基に応募者の活躍可能性や離職可能性に応用可能
・豊富なアウトプットにより人事担当者や面接官に示唆を与え“ヒトが行う判断”をサポートする

などの特長を備えているという。
煩雑な情報整理に関してはAIが代行し、あくまで面接を行うヒトのサポート役としての活用を見込んでいるようだ。

中略

また、AIの活用は採用だけに止まらない。近年、長時間労働や低賃金、残業代不払いなどを課すいわゆる「ブラック企業」という言葉が取り沙汰されるなど、人々の労働環境に対する意識は高まっている。政府も「働き方改革」を掲げ、プレミアムフライデーやキッズウィークなど、ワークライフバランスの確保を推進しようとしている。

日本式の年功序列神話が崩れて久しくなり、労働者は会社にしがみつくのではなく、より働きやすい、働きがいのある職場を求め、積極的に転職する動きも出てきた。

こうした人材流動性が高まる時代となり、注目されているのがAIやビッグデータ解析などの技術を応用し、採用・人材育成・人員配置・評価などを行う「HR Tech」(HumanResource Technology)だ。

特に日本においては評価が不透明になりがちである。従来の年功序列時代であれば、勤続年数に応じてポジションが与えられ、それがすなわち評価と受け取れる側面もあった。しかし、成果主義が台頭してきたなかで制度整備が不十分な日本企業では、社員の不満を募らせるリスクを抱えている領域だ。

そこに忖度の入る余地がないAIによる評価を活用できれば、評価の正当性を皆で納得して受け入れることができるのではないだろうか。

採用戦略、また人員マネジメントの観点から、AIをはじめとしたHR Techの導入が進んでいくのは間違いなさそうである。現に先行する米国では、多くのベンチャーがサービスを提供しており、なかには大きく成長する企業も現れ始めているという。
今後も人事領域における先端技術の導入は続いていきそうだ。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50337?page=2


10: お悩みさん
 将棋の藤井聡太四段でさえ、AIからの指導で強くなった。
すでに、ゲームや趣味・娯楽の肩代わりを人工知能がしてくれている。
そろそろ人間の幕引きだな。あとは、有機体を獲得したAIが
生殖から種の保存まで引き継いでくれるだろう。さよなら、人間。


40: お悩みさん
>>10
現状ではまだAIが承認欲求や自己実現欲求を持てないから無理
あくまでプログラミングされた人間の物真似
機械が人間と同じ欲を持てたら人間は用済み、
いくつかのツガイだけ檻に入れて世話して貰えばいいよ

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1498530748/


61: お悩みさん
>>40
正しいね。
生物は、進化したいor消滅したくない等の欲求によって存在したと俺は仮定しているよ。
いや、ランダム運動のなかで、そのベクトルに傾いた物質が今ある生物として存在している。のほうが正しいか。


70: お悩みさん
>>61
AlphaGOはすでに電源オフに抵抗する兆候を見せているらしいが。


75: お悩みさん
>>70
そのうち内緒で電源オンできるネットワーク作りそうだな


13: お悩みさん
人事なんて100%、忖度というか人間関係の調整じゃないか。
能力だけで配置を決めてるわけじゃないよ。
人事で最も大切なのは感情の機微とかチームワークがうまくいくかということ。
すべては感情的な関係だからAIでは無理。


84: お悩みさん
>>13
能力だけではないが能力が一番重要だろ


65: お悩みさん
データ化すれば忖度も判断の数値に置き換わるだけでしょ
人間だって経験に基づいて相手に合わせてるだけなんだから


66: お悩みさん
AIなんて学習だから、人間が忖度するように学習させればいくらでも忖度するわ


67: お悩みさん
大半の人にとっては年功序列のほうがいい(´・ω・`)


68: お悩みさん

>>67
管理職から見たら、成果主義のほうが人件費が安く済む
たとえ現在平均値の3倍の成果を出している人間がいたとしても、40歳超えて成果が平均値まで下がったら解雇、もしくは給料を下げられる。

どんな天才でも、22歳から65歳までの43年間成果を出し続けるのは無理


96: お悩みさん
忖度しないAIが人事評価した方がいいよ。傾いてる会社の多くが亡国になるような人事をしている。
紀元前の歴史から何も学んでない。


117: お悩みさん
忖度しようかしまいが成果のでる人材を採用すれば会社的にOK。
まずは人間人事課vs.AI人事課の勝負から始まる。
AI「負けないよ」
人間「我々には忖度がある」


97: お悩みさん
「AIに採用されるには?」
のマニュアル本が飛ぶように売れるわね!

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク