RSS


プログラマーでなくてもプログラミングを学ぶメリット

スポンサーリンク


1: お悩みさん

個人が身に付けるべき技能として「プログラミング」が大きな注目を集めている。2020年からは小学校でのプログラミング教育が必修になる。プログラミング教育を大きな柱の一つに掲げたN高等学校(N高)も登場した。小中学生や高校生、あるいは社会人を対象にしたプログラミングスクールも盛んだ。

意欲的な若手経営者の中にもプログラミングを学び始める人が出てきている。例えば、大手タクシー会社である日本交通の川鍋一朗会長や資産運用サービスを提供するウェルスナビの柴山和久CEOは、「TECH::CAMP」というスクールでプログラミングを学んだ。デジタルコンテンツサイト「cakes」「note」の運営を手掛けるピースオブケイクの加藤貞顕CEOは、Pythonによるディープラーニングの学習に取り組んでいるという(同氏のnoteの記事)。

関連記事:大手タクシー会社会長で文系人間の私がプログラミングキャンプ参加で得た“進化”
ただ、プログラミングをきちんと学ぼうとするとそれなりに大変だ。「自分はプログラマーになる気はないから、プログラミングは必要ない」と考える人は多いかもしれない。しかし、プログラマーでなくてもプログラミングを学ぶことで得られるメリットはある。

【メリットその1】作ってほしいものをきちんと伝えられる

まず、プログラミングを学ぶことで、ソフトウエア開発者に自分の考えをきちんと伝えられるようになるというメリットだ。

インターネットを見ていると「ソフトウエアの発注者に無茶な要求をされた」という嘆きをよく目にする。作るのが大変なソフトウエアを数日で作れと言われたり、既に開発が進んでいるシステムの仕様を途中で変更されたりといった具合だ。

こうした要求が起こる原因は、ソフトウエアの開発を依頼する人が「プログラミングでできることとできないこと」あるいは「プログラミングにどれだけの労力が必要か」を理解していない点にある。無茶な要求をする人に悪気があるわけではないだろう。単に大変さを理解していないだけだ。

ただ、これは結局は依頼者にとってもマイナスになる。無茶な要求は開発者のやる気を確実に奪う。やる気を失った開発者から優れたアウトプットが出てくることはない。開発スケジュールの面でも確実に悪影響が出る。最悪、いつまでたってもソフトウエアが完成しないといった事態になりかねない。こんなことを繰り返していては、自社のプログラマーであれば退職につながるだろうし、他社に開発を依頼しているのであれば「面倒な客だ」と取り引きを打ち切られてしまうかもしれない。

一方、ソフトウエアの開発を依頼する側がプログラミングを理解していれば、ソフトウエア開発の大変さを理解できるだけでなく、自分が作ってほしいものをより正確に伝えられるようになる。ソフトウエアの仕様や実装について開発者と突っ込んだ話し合いをすることで、成果物の品質を高められる。
ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/060800854/


9: お悩みさん
既存の材料を使って切り貼りで作って行くことは誰でもすぐにできるようになるけど
一から生み出すのはOS、ネットワーク、数学の知識だったりが必要になる


11: お悩みさん

プログラムの実行中にエラーが出るのはほとんどがプログラムした者のミスが原因
ということを身にしみて分からせるのに有効。

以後、実生活でもなにか問題にぶちあたっても、安易に他人の所為にしないで
問題を分析できるようになる。


18: お悩みさん
>>11みたいな目的なら、全く無意味というか百害あって一利なし

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1497612558/


25: お悩みさん
冗談抜きで、プログラミングは第二外国語なみの勉強量必須だぞ


87: お悩みさん

>>25
プログラミングの単語や用法は限られてる。
人間の言語のような無数に多くの単語があったりするようなものでない。

基本的には、特定のプログラミング言語の解説本だけで、
西暦0年の1月1日は何曜日か計算出来れば、正しい頭脳をしている。


37: お悩みさん

英語と同じで大半の人に身につかない。
でも、知らないよりまし

言語を学ぶとはそういうこと
一つプログラム言語を覚えるとほかの言語もかけるようになるのもおんなじ

今は、パソコンでどんな言語でも学習できる。
でも、理系出ていても書く必要がないやつは書けるようにはならない。

エクセルのマクロなんか、書けると効率上がるのに
知らないやつ多すぎ、なんでかねぇ


43: お悩みさん
無駄ではない。…が、向き不向きが大きいから必修ではなく選択科目にするべきだな
向かない人に必修として無理に教えてもしんどいだけで身につかないから


46: お悩みさん
メリットだらけだろ論理的思考の訓練になるし
日常で様々な問題が起こった時に仮定と論証の精度があがる
身近な例で言えば電車が急に止まって通勤途中の駅で降ろされた時どのルートとれば1番早く目的地に行けるか等


49: お悩みさん
発注時に優しくして、発注側に何の得があるんですか?


57: お悩みさん
>>49
優しくするのが本来の目的じゃない。
発注者自身の無知さ加減を自覚して、無茶ぶりと無駄を省いて適切なものを発注するのが目的だ。


52: お悩みさん

事務処理能力が飛躍的に上がる

PGから事務に転職したがマクロ作ったら仕事楽すぎ


55: お悩みさん

プログラミング(ってかIT全般)は趣味でやるのが一番楽しい。
仕事でやるもんじゃない。

情報系学科でダントツトップの成績だったが、
その勢いで某大手IT企業にアルバイトに行って悟り、全く違う業界に就職した。

今は週末に趣味で書いてるだけだが、めちゃくちゃ楽しい。


93: お悩みさん
実際にプログラミングを学ぶと必然的にOSやネットワーク、さらにハードウェアの理解も深まる
それらすべてが現代の生活に不可欠のものだから大いに役立つ


94: お悩みさん
今まで何人もの新人にプログラムを教えてきた俺の経験から言うと
プログラムは出来る人と全く出来ない人にはっきり二分化する。
出来ない人は、二重for文で碁盤のマス目を描く課題のあたりからもう躓いて先に進めないな。


108: お悩みさん
ものごとを筋道を立てて組み立てて考える訓練になる
どんな仕事をするにしても必要な能力だろ


139: お悩みさん
趣味レベルでやってて何かを作れるようになるもんかね?ちょっとJAVAを趣味で勉強してた時期あったけど、膨大なAPI使いこなせるとは到底思えなかった


140: お悩みさん

基本的にはプログラミングは楽しいものだ
上手くいかなくて苦しむときもあるが
困難を乗り越えた時はドーパミン垂れ流し状態になる

プログラミングは楽しい
楽しいことを出来るようになるのはいいことだ


149: お悩みさん
>>140
納期がなければなw


156: お悩みさん

プログラマーではない人がプログラムを学ぶのは無駄かもしれない。
プログラムには素質が必要だと思う。誰も彼もがプログラムできる訳ではないと、経験から思う。

「これから学ぼう」という人は「これまで縁が無かった」訳で、それはつまり、素質(興味)がないことの結果かも知れない。
だから、「学ぶな」とは言わないが、「分かんないなぁ」と感じたら、さっさと止めた方が良いと思う。


159: お悩みさん

プログラミングを学んで目指すべきは堀井裕二みたいなポジションだよね。

彼は多少はプログラミングできるけどプログラミングで稼いでるわけではない。
ただ、「こうしよう」って指示に現場のプログラマーが「できません」
って反論したときに、本当にできないか、どうすればできるかを
一緒に考えることができるってのが強み。

プログラミング全然知らないやつが上司だと悲惨だぞ。


221: お悩みさん

プログラム
電子回路
機械
金工・木工
絵画・書道・音楽
語学

プロ級じゃなくてもいい。
必ず役に立つチャンスはあるよ。
技能を役に立てようとするんじゃなくて、
自分が役に立とうとするんだ。


245: お悩みさん
Excel VBAなんて、大して難しくない割りに覚えてたら超役に立つよ。
プロじゃない人にオススメ。

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク