RSS


日本の「生産性」が低すぎる理由

スポンサーリンク


1: お悩みさん

今回、東洋経済新報社が開催した「超・生産性会議」では、重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長、キャリア形成コンサルタントの伊賀泰代氏、そして、まちビジネス事業家でエリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏の3人に問題点を整理してもらい、議論を交わしてもらった。

中略

問題は「現場」よりも「マネジメント側」にあり
人材コンサルタントの伊賀泰代氏は、工場以外の生産性という前提で、日本企業の生産性の問題は、現場よりもマネジメント側にあると指摘した。

「生産性はある意味、現場の人がきびきび働いているかどうかとは関係のないところで決まる。たとえば、無駄な作業を一所懸命きびきびやっても、あるいは対価が取れないサービスを一所懸命に提供しても、生産性は上がらない。生産性の良しあしは、現場ではなくマネジメントの問題に帰着する。また生産性が低い要因は、労働賃金が安かった時代の成功体験が、そのままマネジメントの考え方に残っていて、稼ぎ方を変えようという意識が希薄だからだ」

生産性は、企業だけの目線ではとらえられない。地方行政にも、さまざまな無駄が隠れている。

エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏は次のように話す。「地方は、大勢の人を動かしながら、1銭にもならないことをやっていることが少なくない。夕張市はその典型例で、炭鉱が次々に閉山された後、テーマパークやスキー場の開発などリゾート開発に力を入れたものの、失敗。その揚げ句、粉飾を重ねて財政再建団体になった。また、たとえば全国にある『道の駅』は、約8割が行政の設置。わずかな成果をあげるために、過剰な投資が行われる」と指摘。補助金が入る結果、生産性が低くても、施設の運営が維持されてしまう「地方の構造問題」を指摘した。

税収不足の昨今、本当の意味で生産性を高めなければならないのは、地方公共団体のほうなのかもしれない。

では、どうすれば生産性を向上できるのか。この点について、伊賀氏は次のように説明する。

「研究活動、営業活動、人材育成、管理業務、意思決定のそれぞれにかかわっている人が、各人で生産性を向上させているかどうか自問することが肝心。たとえば人材育成なら、研修に参加することが生産性を向上させるきっかけにつながっているのか。また、意思決定にかかわっている人なら、1分1秒でも速い意思決定を行っているかどうかを、それぞれ振り返るようにする」

また、会議時間を短縮させることが生産性の向上につながるという人もいるが、「それは間違い。生産性の高い意思決定ができたかどうかが大事であり、会議時間を短縮できたかどうかは、その結果にすぎない」。
http://toyokeizai.net/articles/-/174096?page=2


3: お悩みさん

生産性ってどうやって算出してるの?それで今のレベルなんだし下手にいじったらおかしくならない?

>「それは間違い。生産性の高い意思決定ができたかどうかが大事であり、会議時間を短縮できたかどうかは、その結果にすぎない」
これ精神主義でしかないような気が


567: お悩みさん

>>3
> 生産性ってどうやって算出してるの?

いろいろあるけど 生産量÷労働者数 が基本だね。

各人の効率が悪いから生産性が低いというのがもっぱらの意見だが、
そもそも需要が伸びないから生産量も伸びず、生産性が低いのが実態。

では労働者を減らせばいいかというと、
無職が増えればさらに需要が落ちるから、生産量も伸びず、
やはり生産性は伸びない。

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1497687466/


14: お悩みさん

生産性というのは、経済学的にはテクニカルターム。
投入資源に対する生産量というわけで、実は偏微分の事。

これがわからずに、生産性という言葉を振り回している人が多すぎる。

また、生産関数を偏微分するなら、資本投入量を増やせば、労働生産性が上昇し、
その分資本生産性は落ちる。逆なら逆。

このバーター関係を考えずに、資本投下すると、資本生産性が落ちたと騒ぎ、
資本投入を控えれば、労働生産性が落ちたと騒いで、迷走する事になる。

また、出力に、生産量を持ってきているなら良いが、利益などを想定した場合、
「粗利益率」が決定的に重要な役割を担う。生産量を増やした結果、価格が下落し
粗利益率が低下すると、生産性が落ちる結果になる。つまり、生産力を増強すれば
するほど、この場合では生産性が落ちる。感覚としては合っているが、単に生産性
と言うだけの場合、こういう文脈かどうか考えずに、生産量を増やす努力を継続して
結果、更に酷い状況になる。

まあ、文系コンサルはア●ばかりだから、彼らが「生産性」とか言い出したら、全部
無視する事だ。


16: お悩みさん

生産性が低いのはしょうがないんだよな

俺今の仕事だいたい午前中で終わってるんだがじゃあ昼めし食ったら帰れるかというとムリ
というか定時で上がると残業代つかないから生活できないんでムリヤリ仕事のばして21時まで残業してるんだわw

時間当たり生産性はめちゃくちゃ低いなって自覚はある

でも周りみんなそんなのばっかだから別にいいんじゃね


60: お悩みさん

「研究所」の話しだけど、特に今日やらねばならないことはないんだが、
先輩が帰らないので帰れない。

大学助教、4年生に「君たち、明るいうちに帰っちゃダメなんだよ」

こういうことで生産性は低くなっていくのかな。


77: お悩みさん
残業の長さだろ
残業やめれば生産性は上がる


85: お悩みさん
資料つくって会議して
何か結論(その後の行動)が変わったの?
何の影響もないなら生産性はそりゃあ上がらない


102: お悩みさん

未だに業務がシステム化されてないんだよな
何かしたいときにどこの誰に問い合わせればいいか分からない
で、結局知り合いに聞いて回ることになる

その行為をコミュ力が一番大事だね、とかいって誰も疑問に思わないんだもん
そりゃ生産性なんて上がらんわ


196: お悩みさん
>>102
一人に一台以上のPCがある時代なんだし、一人1台、社内携帯を持たせても
いいと思うわ
どれだけ関係の無い人に電話の着信が多かったり、リアルタイムで連絡が
つかないことか。時間の無駄なんだよ


145: お悩みさん
「忙しそうに仕事してる風を装う」これが一番の評価基準だから
例えば涼しい顔して大量の業務をさばいてると「仕事少ないだろ」と嫌味言われたりする
俳優の才能あるやつが一番出世できるのが日本企業


151: お悩みさん
仕事してるんじゃなくて、全力で仕事したふりしてる


267: お悩みさん
早く仕事を行えば、仕事を増やされる、最悪だ
がんばっているように見せる、それが日本の働き方


285: お悩みさん
会社で売上げを3倍伸ばしたのに成果はスルーされ減給されたよ
気に入らないやつが成果出すのが嫌、こんなことがまかり通るのが今の日本企業
この上司は、気に入らない俺が出す成果を、他の気に入った人間に付けたくて仕方ないわけ
こんなしょうもない状況がそこらじゅうにあって、本気で頑張ろう、会社のために、なんて考えが根こそぎ剥ぎ取られる感じ


310: お悩みさん
>>285
気持ちわかるわ、俺も会社勤めしてたときそうだった
結局その会社潰れて、取引先そのまま受け継がせてもらって独立したよw
違う会社に行くにしろ、その方向で割りきってがんばれw


321: お悩みさん

日本は、仕事の熟練については
「匠の技」と異常なほど称賛するけど

仕事の仕組みを変えて効率化しようとすると
「ズルをするな」「楽を求める精神は良くない」
みたいに総叩きに遭う


348: お悩みさん
>>321
そしてその「匠の技」を使う匠の給与の安い事w


351: お悩みさん
>>348
勝手に職人が給与上げろというのを封じ込める意味でやってるよね。
というか、趣味が高じての店舗なんかが飲食中心に多すぎだよね。
だから冷徹なビジネスが出来てない。だから生産性も上がらない。
(付加価値設定も怪しいし。)


342: お悩みさん
みんな分かっててあえて言ってないだけなのか、
それとも本当に気がついていないのか、よく分からんが、
英語力だろ。
英語力がないから、企画とかアイディアとかコンセプトとかストーリーとか
付加価値つけて売る的な商売を世界的に展開できない。
だからいつまでも技術や製品やものづくりのような利幅の小さいビジネスしかできない。
かつ、輸出入どちらも、英語の壁をクリアする作業が一手間かかる。
これで英語ペラペラか、少なくとも西欧語をしゃべってたら、今でも世界2位だっつーの。


391: お悩みさん
勤勉で働き者で労働時間は長いのだ。しかし仕事ができないんだな。


574: お悩みさん
効率的に仕事をして早く帰ると白い目で見られる

RSS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク