RSS


ビットコインに使われているブロックチェーンについてまとめてみた

スポンサーリンク


1: お悩みさん

ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジー「ブロックチェーン」が、企業・組織の在り方を一変させる──。

そう語るのは、『ブロックチェーン・レボリューション──ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』の共著者で、カナダのトロントに住む若手起業家、アレックス・タプスコットだ。次世代の企業のあるべき姿とは何かについて、タプスコットに語ってもらった。

─まず、ブロックチェーンが組織の在り方をどう変えるのか、教えてください。

組織の体系や機能を一新させる。ブロックチェーンは、「第2世代のインターネット」の代表格であり、IoT(モノのインターネット)や自動化、ビッグデータなど、重要な新トレンドを支えるパワフルなテクノロジーだ。第2世代とは、ウェブやモバイルなど情報のインターネットから、ブロックチェーンを基にした「価値のインターネット」への移行を指す。

世界中の個人や企業、機関がP2Pで商取引を行い、価値を生み出す世界を想像してみてほしい。信頼構築や取引の調整を、中央集権化された仲介機関に任せる必要もなくなる。お金の移動だけでなく、価値の移動・保存・管理や取引、交渉、契約の実行、信頼の構築まで、すべてが自分たちの手にゆだねられるのだ。

─『ブロックチェーン・レボリューション』に未来のビジネスモデルとして登場する「スマートコントラクト(自律的契約)」や「自律分散型組織(DAO)」とは、どのようなものですか。

ブロックチェーンは、ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジーだがスマートコントラクトとは、当事者間の契約条件を再現し、取引の実行や支払いのための価値の移動を(ブロックチェーン上で)自動的に遂行するソフトウェアのことだ。弁護士や銀行などの仲介機関も不要になる。これが実用化されれば、金融界に大変革が起こる。株式や債券などの金融サービス・資産の大半は、それ自体が契約形態の一種だからだ。

スマートコントラクトで取引コストが大幅に削減されれば、新たなビジネスモデルも生まれる。企業にとって最大の負担である、外部の業者などとの取引コストを抑えることができれば、人を雇って社内で業務を行う必然性がなくなるからだ。

もちろん、第1世代のインターネットの誕生も、企業に変化をもたらした。通信コストや、社外の業者を探してコラボレーションするコストが下がったことで、1990年代には、自社の根幹を成す事業に専念し、その他は外部委託することが米企業のマントラ(スローガン)になった。

だが、企業の形態は、さほど変わらなかった。企業にとって最大の負担は、通信コストなどでなく、取引や交渉、契約実行、信頼構築のコストだからだ。スマートコントラクトで、こうしたコストが激減すれば、新しい形の企業形態が可能になる。人間と人工知能(AI)がコネクトし、従来の企業がやっていることの多くをスマートコントラクトが実行するDAOだ。

取引や交渉、契約実行、信頼構築がネットワーク上で行われるため、オフィスも従来の社員も必要ない。人間が介在するにしても、ネットワーク上で緩やかにつながるだけだ。契約条件はスマートコントラクトと自律化のコラボレーションで実行され、経営陣の役割や行動も、企業の目的などに合うようにプログラム化される。

著書の執筆当時、こうしたアイデアは仮定の話でしかなかったが、この1年で多くの新型組織が生まれている。2016年には、クラウドファンディングで巨額の資金を調達したDAO、「The DAO」が注目を集めた。ブロックチェーン業界への投資を目的とする、スマートコントラクトが複数集まった、プログラムによって半ば自動的に運営される組織だ。

興味深いことに、こうした新型組織は組織だけでなく、資金調達の形も変えた。彼らがICO(仮想通貨による資金調達)で集めた資金は昨年、2億ドルに達している。世界中の何百万人という投資家が、スマートコントラクトによるP2Pの大規模なICOを行えば、VC(ベンチャーキャピタル)も投資銀行も不要だ。今年は、自律的スタートアップが、ICOでさらなる資金を集めるに違いない。資本主義の歴史に残る年になるだろう。

財務や会計など、各部署のルールも変わる。複式簿記に加え、取引がスマートコントラクトなど分散型台帳にも記録され、三式簿記会計システムが採用されれば、規制当局や監査会社がリアルタイムで企業活動を確認できる。人間がかかわる余地が少なくなり、財務部のルールが一変する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00016296-forbes-sci&p=1
ブロックチェーン - Wikipedia
Peer to Peer - Wikipedia

6: お悩みさん
何言ってるのかサッパリわからん
マザーコンピューターの言うことに従えば幸せになれるってこと?


17: お悩みさん

簡単に言うと、会社・管理職がやってるような個々人の仕事の評価を、AIがやるってことでしょ。
そしてデータを莫大に積み上げて、特定のタスクをアウトソースする際に、個々人の能力や才能、適正などをAIが判断して、莫大な選択肢からベストプラクティスな相手を探して依頼→タスクのアウトプットをAIが評価→以下繰り返し

このシステムが出来上がれば、会社組織なんて要らないって話。


21: お悩みさん

>>17
今の社長や管理職が冷静に社員の評価出来ないしな。
結局、媚びる奴を評価する。と。

AIにやらせても良いと思うが。


72: お悩みさん

文系向け ブロックチェーンとは

no title

no title

no title

no title

no title

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1495853676/


20: お悩みさん

スマートコントラクト(電子上の自動契約)は、まだ分かり難いけど、普及し始めたら早そう。

例えば個人間売買の場合。
売り手は「商品Aの販売条件は1ビットコイン」とコードに明記して、p2pに流す。
買い手は「商品Aの購入条件は入金と同時に発送」とコードに明記して、p2pに流す。
AIがマッチングして自動処理する。


36: お悩みさん
>>20
わかりやすいな
通貨とか金融取引には利用できても
不動産のような現物取引には向かないよなあ


31: お悩みさん
たとえば、翻訳をプロの業者に頼むと高額になるけど、
この翻訳やってくれる人募集ってネットに出すと、世界中の人からやりたいと
応募がある、過去の仕事ぶりの評価もわかるし、値段も専門業者に比べ非常に割安
これはすでに出来上がってる。日本での広がりないようだけど。


32: お悩みさん
自分自身の技能を契約コードに書けば、そのまま労働条件の提示になる。
人材派遣会社が無くなる。


37: お悩みさん

いずれAIで、言葉の壁なんて乗り越えられる。
単価が安く、日本流の仕事のやり方に適応した、発展途上国の人もたぶんワンサカ出てくる。
そもそも、AIに置き換えられる仕事も数多い。

考えれば考えるほど、供給側の過剰な競争、買い手市場になる未来しか見えない。。

おまえら、単なる労働力の供給側じゃヤバイぞ。


48: お悩みさん
経営者をAIにした企業が勝者になる


42: お悩みさん
夢があるな
知らない人をどこまで信用していいか見えるようになると、おもしろいな


57: お悩みさん
でもリアルにモノを動かすのに物流は外せないのよね
あくまでも取引だけの話だな
流通センターは無くならない


62: お悩みさん
>>57
ロボット荷卸に自動運転トラック、末端受け渡しもロボット人夫またはカメラと音声「キーのはずれた何番ボックスの荷をお受け取りください」


60: お悩みさん
マニュアルに沿って仕事してる人が大半という事実
人間じゃないとできない仕事の方が実は圧倒的に少ないというネタバレ


77: お悩みさん
書類を右から左に流すだけの仕事は不要になるってだけの話。


64: お悩みさん
優れたAIならこの地球上でもっとも不必要なモノが人間だという結論を出すはずだ


68: お悩みさん
人間が必要ないならITも必要ないよね


50: お悩みさん
恐らく限りなく高い確率で到達するであろう未来は1年後なのか10年後なのか100年後なのか

スポンサーリンク