【恋愛の悩み】仕事人間の落とし方教えて下さい

【恋愛の悩み】仕事人間の落とし方教えて下さい

1: お悩みさん 職場の先輩に恋してるんだけど、仕事人間ってどうやって落とせばいいの? 職場内、取引先の人からは電話番号とかラ...

記事を読む

大企業の36%は不合格者に連絡していない「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ

大企業の36%は不合格者に連絡していない「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ

選考の後、不合格の連絡をよこさない、「サイレントお祈り」企業への就活生の不満はかなり大きい就活生の間では不合格通知を「お祈りメール」と呼んでいる。選考に落ちた就活生への通知メールの最後に、「今後のご健闘をお祈り申し上げます」という言葉を添えるところから命名された。就活生1人あたり4.8回のサイレントお祈りを経験し、5人に1人は10回以上のサイレントお祈りを経験しているという。

記事を読む

デフレはいつまで続く?日銀黒田総裁「人々に定着したデフレ心理の転換は容易でない」

デフレはいつまで続く?日銀黒田総裁「人々に定着したデフレ心理の転換は容易でない」

日銀の黒田東彦総裁は8日、英オックスフォード大で講演し、大規模な金融緩和策が効果を発揮している一方、人々に定着したデフレ心理の転換は「決して容易でない」と述べた。日銀が9日にホームページで講演内容を公表した。現状の緩和策は「日本経済を正しい方向に導く」としながらも、「知的探求はまだ完了していない」と指摘した。日銀はデフレ脱却を明確にするため物価上昇率2%目標を掲げているが、物価上昇率は0%程度と伸び悩んでいるため「達成にはなお距離がある」と訴え、緩和策を粘り強く続けていく姿勢を示した。

記事を読む

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本企業の生産性が低さの原因は「たばこ休憩」である

日本の生産性が他の先進国と比較して圧倒的に低いというのは、この数年いたるところで言われている。 「ODCE加盟諸国の時間当たり労働生産性2015年」によると日本は20位となっていた。では、トップ5を見てみると、ルクセンブルグ、アイルランド、ノルウェー、ベルギー、米国という順番なのだが、実はこれらの国にはある共通点がある。  日本と比較して圧倒的に喫煙率が低いのだ。

記事を読む

GREEの田中良和「ビットコインを10年前に1億円買っていれば・・・」

GREEの田中良和「ビットコインを10年前に1億円買っていれば・・・」

この10年のテック業界を振り返れば、最も大きな変化というのは「ガラケー(フィーチャーフォン)」から「スマホ(スマートフォン)」への変化だった。では今後10年はどんな変化が訪れるのか?経営者、投資家が振り返る「過去10年で最も衝撃だったニュース」 グリーの田中氏は「10年前に1億円買っていれば…」と悔いつつ、「ビットコイン」の衝撃を語る。最初のビットコイン(ブロック)が登場したのは2009年、2010年頃でも1ビットコインは5円程度だったが、今では30万円前後となっている。

記事を読む

最近の流行語「ギガが減る」とは ?ギガが減る原因と対策まとめ

最近の流行語「ギガが減る」とは ?ギガが減る原因と対策まとめ

最近、SNSなどで見かける不思議ワード「ギガが減る」。勘のいい人は気付くかもしれないが、これはスマートフォンなどで契約しているデータ通信量の残りが減っていることを表す若者言葉だ。  ちなみに契約しているデータ通信量を超えると、通信速度が最大128kbps(1000kbps=1Mbps)まで制限されてしまう。Webブラウジングやゲームアプリの通信が困難になるため“ギガが減る”と困ってしまうのだ。auが提供しているデータ通信量確認アプリ「デジラアプリ」は、アプリを起動するとアニメ調の画面に残りのデータ通信量を表示できる。

記事を読む

働かずに収入を得る「不労所得」を得る方法ってどんなのがある?

働かずに収入を得る「不労所得」を得る方法ってどんなのがある?

■不労所得とは 収入とは、労働の対価と考える人が大半です。しかし、働かずして収入を得ることも可能で、労働を伴わない所得を不労所得と言います。 労働を伴わないとはいえ、自分の能力を活かし効率的に収入に変えるケースが多くなっています。勤務など労働契約によって拘束されずに得ることのできる収入ともいえそうです。不労所得には、具体的にどのようなものがあるのかみていきます。

記事を読む

部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司「クラッシャー上司」の実態

部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司「クラッシャー上司」の実態

 心身にダメージを受けて休職する部下が続出。それも、会社が投入したエース級のできる社員が次々つぶされていく……。あなたの会社に、そんな部署はないだろうか? それは、「クラッシャー上司」のせいかもしれない。クラッシャー上司とは、部下をつぶして自分は出世していく猛烈型の上司。エリートで仕事はでき、業績をきっちりあげるが、心身共につぶれた部下のことを思いやることはない。それどころか「もうちょっとできるやつだと思っていたが」と吐き捨てるほどだ。

記事を読む

【長時間労働】日本の若者が「karoshi」するまで働く理由

【長時間労働】日本の若者が「karoshi」するまで働く理由

日本人の労働時間の長さは世界でもトップクラスだ。若者たちの中には、文字通り死ぬまで働く者もいる。そこで政府に対し、対策の強化を求める声が上がっている。和哉さんは薬の飲み過ぎで亡くなった。27歳だった。日本で働きすぎによる死を意味する「karoshi」、過労死だと正式に認定された 「やりきれないのは、若者たちがほかに選択肢はないと感じていること」だと、岩瀬さんは指摘する。「そのまま辞めなかったら100時間残業を強いられる。一方で辞めれば生活できなくなってしまう」

記事を読む

【ランキング】「世界一税金が高い国」はアルバ 日本は何位?

【ランキング】「世界一税金が高い国」はアルバ 日本は何位?

カリビアンに浮かぶ美しい国アルバ。世界一税金の高い国として堂々と名を挙げた。オランダの教育方針を取り入れた質の高いエデュケーション・システム、整備されたインフラ、各種豪華アメニティ施設が自慢の国だ。カリビアン諸国の中でも最も収入が高い人たちが生活していることでも知られ、最大所得税58.95%をものともしない勢いである。

記事を読む

スポンサーリンク