人工知能(AI)が人類を超える日はいつ?翻訳や運転は2020年代に超えると予想

人工知能(AI)が人類を超える日はいつ?翻訳や運転は2020年代に超えると予想

英オックスフォード大学人類未来研究所(Future of Humanity Institute)と米イェール大学の政治学部は、人工知能が人類の頭脳の可能性を超える日を評価した。研究チームによると、人工知能は人類の文書翻訳能力を2024年に、トラック運転手を2027年までに、フィクション作家を2049年、外科医を2053年に追い越す。人工知能が45年後に人類を置き換える確率を、チームは5割だと見ている。

記事を読む

台風で通勤電車のダイヤが大幅に乱れた場合、あなたならどう行動する?

台風で通勤電車のダイヤが大幅に乱れた場合、あなたならどう行動する?

台風の影響で通勤電車のダイヤが大幅に乱れていることが分かった。遅れないように早く家をでるべきか、あきらめていつもどおりの時間に家をでるか……。こんなとき、あなたならどう行動するだろうか。 社会人として時間を厳守するのは大切なことだが、時としてやむを得ないことも。その時の状況に応じて、どう行動するのがベストかよく考えたいものである。

記事を読む

通販利用者の8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答 小売業はやっていけるの?

通販利用者の8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答 小売業はやっていけるの?

通販やECを利用する消費者の約8割が 「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答した。 「物流会社のドライバー不足や 再配達などが問題化する中、配送料を利益の中でどう負担していくかが、今後の 小売業にとって大きな課題の1つとなっていくことが予想される」

記事を読む

LINE、オンライン行政サービス「マイナポータル」と連携 個人情報は大丈夫なの?

LINE、オンライン行政サービス「マイナポータル」と連携 個人情報は大丈夫なの?

LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するという。LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスすることができる。LINEのユーザーがスマートフォンなどに読み取り機能をつけてマイナンバーカードをかざせば一部の行政手続きができるという。LINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込み。

記事を読む

タバコを吸い続けるといくら位の損失になるのか?リスクはお金だけではない

タバコを吸い続けるといくら位の損失になるのか?リスクはお金だけではない

たばこを1日1箱吸った場合は65歳までにどれだけの損失になるのか、その額を運用すれば、65歳にどれだけの資金がプールされるかを検証したものです。メビウスで1年間に約15万円です。65歳までに約700万使います。どのような生活が健全なのか、そのうえでどうお金をコントロールしていくかを考えるのが大切だと思います。

記事を読む

鬱病の多くは遺伝であることが判明 DNAバンクで発見

鬱病の多くは遺伝であることが判明 DNAバンクで発見

ハーバード大学のロイ・パーリス氏は次のように述べている。 「我われはこの結果が、うつ病は単なる状態ではなく生物学的根を持つ本当の脳の病気なのだということを、研究者が理解する助けになることを期待している」 パーリス氏とチームは、うつ病は多くの点で遺伝的に規定されており、生活の質や彼の物質的な豊かさと精神的な安定だけによるものではないと示した。

記事を読む

人工知能に人間の職が奪われるのはいつ?奪われない仕事はないの?

人工知能に人間の職が奪われるのはいつ?奪われない仕事はないの?

トランプ政権下のスティーヴン・マヌーチン米財務長官は、人工知能(AI)が職を奪うのは「50~100年先の話」だと語った。 だが、マヌーチン財務長官は間違っている。それも「超」がつくほど大きな見当違いをしている。

記事を読む

ビットポイントジャパン小田玄紀社長「ビットコイン決済、コンビニで導入を検討」

ビットポイントジャパン小田玄紀社長「ビットコイン決済、コンビニで導入を検討」

国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議している。 同社の小田玄紀社長「現在すでに大手コンビニと協議中で、早くて年末、多分来年には内容を発表できる」 同社は同時にビットコイン決済端末用のソフトウエア開発を他社と共同で進めている。すでに決済端末の供給網を持っている決済サービス会社と組んでおり、「将来的には数十万店舗」という規模で一気に広まる可能性があると話した。

記事を読む

【北朝鮮ミサイル】米国、ICBM迎撃実験に成功 日本は大丈夫なの?

【北朝鮮ミサイル】米国、ICBM迎撃実験に成功 日本は大丈夫なの?

大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した初めての迎撃実験を太平洋上で実施し、成功したと発表した。 GBIによるミサイル迎撃実験は1999年から計17回実施し、9回迎撃に成功している。従来はICBMよりも射程の短い中距離弾道ミサイルなどを想定した実験だった。ICBMの開発を急ぐ北朝鮮に対する抑止力を示した形だ。

記事を読む

働かないで得ることのできるお金「財産所得」が日本人は少ない理由とは?

働かないで得ることのできるお金「財産所得」が日本人は少ない理由とは?

米国での家計資産の伸びのうち、「運用リターン」(運用でもうかった部分)は収入のかなりの割合を占めている。おカネが働いている部分である財産所得が3分の1あるのだ。それに対して日本では勤労所得:財産所得は約8:1となっている。

記事を読む

スポンサーリンク